つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート[2016年版]が続けやすくておすすめです。

わたしがいちおしする家計簿は、節約力がアップする家計ノートです!
家計簿をつけてみたいと思っている初心者さんにも、しっかり管理したい上級者さんにも使い勝手がいいです。

かきこむ欄がおおきいので、つけやすい!!

家計ノート2016年版

中身はモノクロで、色は一切つかってありません。
 
色分けしてあるものって使いやすく感じるのですが、ゆみちんは見づらいなぁって感じるときもあるんですよね。
そんなかたには、この家計ノートがお好みかと思います。
 
そして、なんといっても、1つ1つの欄が大きいです。
 
金額を書くとき、欄が小さかったら、正直、書きづらいですよね。
でも、この家計ノートは、とっても書きやすい欄の大きさなので、余裕をもって書けます!
 
月の集計ページも、お金の動きがパッとわかるので、かなり見やすくできてますよ~!

毎月の集計ページ

家計ノート 集計ページ

こちらがその月の集計ページ。
とにかく集計しやすいのです。
なにも考えずに項目をサクサク埋めていけばOK。
 
家計ノート 集計ページ2

このページなんですが、ベース支出をまとめるページになっています。
 
特別費や、その月だけに必要だったお金を除外して家計を把握できるようになっているんですよ。
 
収入から生活費のみを引いたお金はどうだったのか。
 
ということを把握するためのページなんです。
やっぱり、特別費があるとどうしても支出が太くなりますからね。
 
大切なのは、今月はいくら生活費として必要だったのか、ということを知りたいわけですから。
きちんと数字を把握したいですもんね!
 
このページがあるおけげで、家計簿をつけながら、家計予算や、やりくり結果をみつめなおすこともできます。
 
この家計ノートをつけるだけで、そんなことまで気付くことができるんですねぇ。
すばらしいと思います♪

目安の金額が載っている。

家計ノート ページ下部

ページの下部には、お役立ち情報が載っています。
テーマは、
 
「節約力」を磨くために押さえておくべき金額!!
 
なんですよ。
教育費の具体的な平均金額も書いてあります。
 
なかなか、この費目は、どれくらいに押さえたらいいんだろう・・って悩むことがあったりしませんか?
ここを読めば、節約や予算の目安をたてる参考になりますね!

利用者の役立つ活用術。

家計ノート 巻末

巻末になりますが、実際に使ってみたかたの活用術が載っています。
90歳の方も使ってらっしゃるなんて!
それに、人生がかわった!なんてかたもみえたみたいで・・・
 
いや、家計簿で人生がかわるの?なんておもうかもしれないですが、わたし自身、きちんと家計をみなおし、家計簿をつけることによって貯金額がぐ~んとふえたので、あながちウソではないのです(笑)
 
あなたも家計簿で人生を変えてみませんか?
 
あとは、気になっている消費税増税のおはなし。
それが家計にどう影響をあたえ、どうお金を考えていけばいいのか。
いちばん身近な消費税についていろいろ書いてあるので、とっても勉強になりました。

視覚に訴える。

巻末ページには、さらに貯金額のグラフがかきこめるようになっています。
グラフ化することで、視覚的にもパッ!と把握できるのは、いいですね。
 
やっぱり、数字だけで把握するよりも、グラフで把握することも、金や節約へのやる気を保つ上では必要なときもあるかなっておもいます。
 
そのほかに、毎月のカレンダーがその月ごとにあるのですが、そこに、
 
今月はこんなイベントがあるから、出費が増えそうだよ!
 
なんて、ひとことアドバイスがあったりするのがツボですね。
あ!そうか!そうだったね!なんて役立ちそうです。

500円で節約力を身につける!

この家計ノートが最強なのは、いうまでもなし!
 
500円で、年間数万円、さらには数十万円の節約・コスト削減につながるなら、とってもコストパフォーマンスがいいです。
 

細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート 2016 (レディバード)
著者/編集:細野真宏
出版社:小学館
楽天ブックスはこちら。

あなたのシェアが、励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。