【2014年版】4人家族の公開生活家計簿

家計簿バナー

2014年は、生活費部分のみの公開にしますが、詳細な金額を公開していきます。
例として、これまでは医療費などは積立額のみを記載してましたが、今年からは、実際にかかった金額を記入していきます。
 
同様の理由で、基本的に食費・雑費は、5週間やりくり手法を採用しており、実際には、毎月のお給料から決まった金額(固定費化している)をあてています。
 
しかし、今年から1ヶ月にかかった実際の費用の詳細を掲載していきますね!
 
貯金・積立部分の内訳等については、こちらに掲載しています。
2014年から、長女が小学校に入学するため、給食・教材費の支払いがはじまります。
 
年4回の支払いですが、月で割ると平均6,000円なので、毎月6,000円を予算にしています。
 
※光熱費は、使用月ベースではなく、実際にその月に支払った金額です。
 
★2016年度版の公開家計簿はこちらにあります。

【2016年版】4人家族の生活費。家計簿を公開しています。

2017.01.16

2014年の家計簿一覧

2014kakeibo-001
※1 教育費は、文房具やノート(ドリルも)や、今後の習い事なども含みます。
 
2014kakeibo-002 
※1 教育費は、文房具やノート(ドリルも)や、今後の習い事なども含みます。
 
ゆみちんは、住信SBIネット銀行で、貯金&やりくり費を管理しています(´∀`)
貯金や積立の目的別に、口座が5つまで作れるのがお気に入りです♪

住信SBIネット銀行でATM手数料と振込み手数料を節約!家計管理にメリット大のネット銀行を使い倒そう

2017.05.09
スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。