2016年度家計予算(長女小学生、次女幼稚園児、夫婦共働き)

家計簿バナー

2016年度版の家計予算を立てました。
 
夫婦共働き(夫会社員、妻フリーランス)になり、国民健康保険と国民年金という項目を増やしました。
 
子どもたち2人は、小学生と幼稚園児。
少しずつ、手が離れてきましたが、大きくなるにつれて、食費や生活費部分が増えていきそうな予感です・・・。

前年度からの変更点

今年は開業2年目です。
大きな支出は予定していませんが、国民健康保険や年金、住民税が増える予定なので、しっかりと家計簿でも管理していきます。
それに伴って、夫婦で別管理する費目が増えました。
 
費目の変更は、クレジットカード払いをメインにしたため、生活費のなかでも、現金とクレジットカード払いの項目をわけて管理するようにしています。
 
また、昨年度途中までは、マンション管理費をボーナスから振り分けていましたが、現在は毎月の収入から振り分けています。

2016年度家計予算の内訳

支出部分

項 目 金 額 メ モ
固定費 住宅費 60,000円 住宅ローンとマンション管理費等の合計です。
リフォームローン 3,000円 リフォームしたお金。分割払いなので金利はゼロ。
小学校 6,000円 給食費や学校の集金等
習い事 8,000円 子どもの習い事
お小遣い 25,000円 夫しんごのみ。昨年より5,000円UP!
保険 10,000円 夫の医療&生命保険。地震・団信も含みます。
年払い用の積立てになります。
固定資産税 9,000円 固定資産税の積立て用。
車関連費 9,000円 保険、税金、買い替え費用等。
合計 130,000円
生活費
クレカ部分
食費
日用品
60,000円 食費・雑費は5週間やりくりで管理。
60,000円÷5週間=1週間12,000円の予算です。
電気代 5,000円 テレビを見る時間が減ったので安くなりました。
ガス代 4,000円 都市ガスです。
スマホ代 5,000円 2台分。格安SIM利用中。
ガソリン代 6,000円 車は1台です。
合計 80,000円
生活費
現金部分
水道代 3,000円
レジャー費 10,000円 おでかけ時や外食時に。
医療費 5,000円
予備費 5,000円 散髪代や交際費などに。
合計 23,000円
総合計 233,000円 夫の給与のみでやりくりします!(有言実行!)

支出部分・その2

項 目 金 額 メ モ
妻関連 税金 25,000円 国保、国民年金、住民税です。
保険 7,000円 妻名義の医療・生命・がん保険。
通信費 12,000円 スマホ1台と、ネット回線料金。
総合計 44,000円 妻の収入からやりくりする部分です。(一部事業費あり。)

目的別積み立て・通常貯金

項 目 金 額 メ モ
積 立 帰省費 13,000円 年2回の帰省に備えて。
住宅関連 5,000円 おもに家電買い替えのための積立て。
NHK 2,000円
合計 20,000円
貯 金 教育費 10,000円 将来の太い学費に備えて。
通常貯金 20,000円 純粋な貯金です。
夫貯金 5,000円 夫名義の定期積立てです。
合計 35,000円
投 資 積立投信 10,000円 セゾン投信の定期積立てプラン。
ドル建て保険 50,000円 新しく加入したドル建ての終身保険用の積立て。
合計 60,000円
総合計 115,000円

まとめ

支出+積立・貯金 = 392,000円
 
かなりな金額になってしまいました(汗)
生活費部分はこれまでと大きく変わりはありませんが、投資部門のドル建て終身保険が太いですね^^;
(収入減が怖い〜〜〜汗。)

家計簿バナー

あなたのシェアが、励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。