持ち家 vs 賃貸。損得だけでは選べない!ライフプランを練って好きなほうを選ぼう。

持ち家がいいのか、賃貸がいいのか。
持ち家と賃貸は、どっちがトクでどっちがソンなのか!?

 
マネー雑誌やおうち雑誌でも、持ち家vs賃貸の構図でよく特集が組まれていますよね。
きっと、気になってるかたも多いのではないでしょうか?
 
で、ですよ。
わたしの意見をさっくりと言ってしまいますが・・・
 
安くて優良な中古物件を買って住むのが、いちばんトクだと思っています。
 
ちょっとした田舎の戸建てなら、1,000万円以下の物件もゴロゴロありますし。
 
首都圏にも、新築の戸建てだと5,000万円を超えるエリアも、中古マンションなら2,000万円以下もあります。
 
参考までに、1,200万円程度の物件を35年ローンで返済すると、月々の返済は3万円台です。

賃貸と持ち家を比較する時代は終わった。

話を戻しますが、賃貸 vs 持ち家は、そもそも比較することが間違いです。
 
賃貸派の方はこう主張します。
 
いまの時代は昔と違って住宅を買っても、資産価値が右肩あがりにあがるわけではない。
そうなると資産とはいえないから、買うとソンをする。
 
・・・と。
ですが、それだったら賃貸はなおさら資産にはならないので、選択できないような気すらしますが。
 
そもそも、時代背景も違ういまと昔を比較に出してくることが疑問です。
いったい、いまの時代に「資産価値」だけの視点から家を購入する人は何人くらいいるのでしょうか。
 
家を買ったら資産になると、本気で思って購入しますか?
きっと、大半の方は「家族でたのしく過ごすマイホームという空間」を手に入れたいと思って購入すると思います。
 
だとするならば。
 
賃貸と持ち家を比較する理由は、ほとんどなくなってしまうのです。
そもそもが、賃貸と持ち家は「形態」が違います。
 
金銭面のソントクだけで比較していたら、将来後悔することになるかもしれません。

持ち家と賃貸のメリット・デメリットは相反する。

持ち家の最大のメリットは、まんがいち大黒柱になにかあったときも家は残ります。
残される家族にとって、これほど心強いことはないのです。
(これだけでも資産と言えると思いますが・・・。)
 
参照記事

マイホームは生活基盤の保険。住む場所さえ残っていればどうやっても生きていける!

2014.04.24

賃貸の最大のデメリットは、
 
手元になにも残らない。
 
じぶんのモノではないので、あくまでも借りの住まいです。
年齢や社会的な属性で、借りづらくなる点も考慮しておきたい部分です。
 
賃貸のメリットは、引っ越しもきらくにできる点や税金、修繕費用が不要なところです。
家賃以外にお金は不要!なんてことはありませんが、住む場所に一生縛られることはなさそうです。
 
逆に、持ち家となるときらくに移動できないことがデメリットになりますね。
賃貸のように、仕事を失ったから家賃の安いところへ引っ越そう・・・なんてこともできない人も多いでしょう。

賃貸の家賃、持ち家の住宅ローン

賃貸の場合、家賃のコントロールは引っ越しで実現することができますが、引っ越し費用や敷金などでお金もかかりますので、貯金や収入にゆとりのある家庭でないと、頻繁な引っ越しは、やはり無理があります。
 
そして、家賃が安い物件ですと、それなりにランクは落ちることも覚悟が必要ですよね。
 
持ち家でできる住宅費のコントロール方法は、じぶんたちで返済額をコントロールすることです。
いまのような低金利の時代なら、借り換えることで大幅にコストを抑えることも可能です。

住宅ローンの借り換え効果。1,050万円でも33ヶ月分短縮できる削減効果に驚き!

2016.06.30

あとは、資金ができた段階で、繰り上げ返済をして住宅費を抑えることができます。
もっといえば、早々に完済して支出を抑えてしまうこともできます。

持ち家でも賃貸でも、住宅コストという観点では同じ。

ここまで比較してきましたが、持ち家 vs 賃貸という構図でどんなに議論しても、
 
どちらにしても「住宅費」というお金は必要。
  
・・・ということなんです。
人間、住む場所っていうのは絶対必要です。
そうなると、やっぱり「お金」はかかってくるものなんです。
 
実家住まいだからお金はかからない。
譲りうけた家だからお金はかからない。
 
そういうマレな人でない限り、住宅費はかならず発生しますよね。
(もらった家でも修繕費は必要ですし。)

人生をゆたかに生きるための、あなたらしい住まい。

賃貸か持ち家かの比較は、損得で考えてしまっては答えを出すことはできないと思っています。
 
賃貸でも持ち家でも、はたして、
 
じぶんが暮らす家って、お金の損得だけで決めていいんでしょうか。
 
あなたは、どう思いますか?
どう感じていますか?
 
逆に、損得だけで、家を決められますか??
もしくは、決めたいですか??

 
結論としては、目の前の「お金の損得話」につられないでほしいなと、じぶんが中古物件を購入して感じました。
 
家というものは、
 
人生プラン・ライフスタイルで選択することがいちばん大切。
 
人が生きていくうえで、「住宅・住まい」は、切っても切り離せません。
お金はかかってくるものですし、必要なものです。
 
だからこそ、じぶんらしく、住宅にお金を掛ける必要があるんです。
 
狭い視野でものごとを判断せず、あなたなりの基準をしっかりと持つことが大切なのです。

最終的には、あなたのこころにすなおに従って、ソントクや間違った常識にとらわれず、気に入ったお家に住んでみましょう。
 
きっと、それだけで、お金を超えた部分で満足感が得られるようになるはずです。
 
住宅は、大切なパートナーです。
あなたの生活の基盤がそこにあるわけですから、あなたにあった方法・手段で住宅にお金を掛けていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。