正しいお金の貯め方。収入以下で暮らせば、すぐにお金が貯まりはじめます。

ずばり言ってしまいますね。
 
お金を貯めるのに、苦労なんていりません。
お金を貯めるのに、なにも頭を抱える必要なんてありません。

 
お金を貯めるために、あなたがやるべきこと・・・
それはとてもシンプルで簡単なことです。

収入>支出 という家計システムを構築する。

どうして貯金ができないんだろう・・・
なんでうちは赤字なんだろう・・・
 
こう感じているひとは、貯まらない問題を一気に解決しとうとしている傾向が強いのかもしれません。
 
お給料が23万円入ってきて、23万円全部を使ってしまったらどうなるでしょうか?
収入=支出になるので、当然、貯金はできませんよね。
 
これが、収入<支出となると、これはもう、完全赤字となります。
まずは、ここを改善していく必要があるわけです。
 
あたりまえのことだけど、ここがスタートです。

思い込みが支出を増やす。

貯められないひとの大半は、お金を貯めることをむずかしく考えすぎているのかもしれません。
 
どうしてお金を貯めたいのか。
 
そこをまずはクリアにしてみましょう。
たったそれだけで、貯金ができるようになる人もいますから。
 
また、お金を使うのが好きなのはいいとして、そもそも生活費を削ることができないと思いこんでいるならば、ものすごくもったいないことをしていると思います。
 
もし、いまの 消費(浪費?)する生活を維持したまま貯めたいと思っているとしたら、お金を貯めることはできないでしょう。
 
その浪費思考のまま生活している限り、残念ながら、お金は逃げていくばかりです。
 
お金は収入の範囲で暮らしている限り、貯めることはできません。
収入の範囲以下で暮らして、はじめてお金が貯まりはじめます。

 
生活費なんて削れない。
固定費を安くするなんて絶対無理!
スマホはドコモじゃなきゃダメ!(笑)
生命保険はたっぷりかけていないと不安!
 
だから、生活にお金がかかるのは仕方ない!
 
それ、本当に心の底から思っていますか?
本当に、じぶんにとって必要なものだと、感じていますか?
 
関連記事

はじめてのスマホ代節約。格安SIM「OCNモバイルONE」の料金プランと特徴をまとめました

2016.03.27

【家計相談】貯金のための保険見直しポイントは?生命・医療保険をどうやって見直せばいい?にお答えしました

2016.05.13

貯まるシステムは、たった1つ。

ものすごく当たり前の話をしますが。
 
23万円入ってきて18万円で暮らしていたら、5万円の余剰金ができます。
収入より低い支出で生活をすることで、お金が余っていきます。
 
これが、貯金です。
 
当たり前すぎておもしろくなかったですね(笑)
ただ、当たり前だからこそ、みえなくなっている部分になっているのではないかと感じます。
 
お金を貯めたいと思っているのに、思うように貯まらなければ人は焦ります。
その焦りが、こういったシンプルなことすら見えなくしてしまいます。
 
もう1度書きますが、
あなたが、お金を貯めたいと思ってまずやるべきことというは、
 
収入以下の支出にして、家計を再構築する。
 
これに限ります。
これができて、はじめてお金が貯まっていきます。
そして、さらなる貯金生活への2歩、3歩が出せるようになっていきます。
 
収入>支出のシステムが作れないと、いつまでも第一歩が出ません。
スタートが切れません。
 
スタートを切るためにも、一度支出を洗い出して、収入の範囲以下で暮らせるように、ライフスタイルを見直してみてください。
 
それをすることで、もしかしたら見えていなかった「理想の暮らし」が見えるようになるかもしれませんね!
 
最後に、現在、収入<支出の赤字家計になっているかた・・・
家計を見直して、収入の範囲内で暮らすころをこころがけてみてください。
 
もちろん、いっきに収入>支出にすることもできますが、まず、やるべきことは、収入=支出にすること。
一歩一歩進めていくことも、とても大切なことですから。

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。