医療・生命保険を契約するときは、対面で申し込もう!ネット申し込みをしてはいけない理由

医療、生命保険のネット申し込みに人気が出ています。
手軽に・簡単に・ささっと申し込みができるみたいなので、忙しいかたには重宝するのかもしれませんが。
 
わたしは、対面での申し込みをオススメしたいと思います!
 
対面とは、保険の相談員さんと直接会って契約する、ということです。
 
どうして対面なの?ネットだけで判断したらダメなの?と思われたかもしれませんね。
わかりやすく、とある保険でたとえますと・・・
  
通信販売(ネット通販)での申し込みの場合、
 
通販だと、1入院の保障日数が60日型のものしか申し込めない!
 
この保険には、ほかに、1入院120日型の保障があるのに、です。
 
ネットでの申し込みというだけで、申し込みできないプランがあるものも存在します。
 
ここは、注意をしておかないといけないところです。
ネットで申し込む場合には、小さな文字で書いてあることも多いので、しっかり読んでおきたいところ。

資料請求だけでは理解しづらい補償内容

ネットで申し込む場合、きっと資料請求もされると思います。
きちんとしっかり加入したい。
だからこそ、資料を読み、約款を読み・・・ってしますよね。
ゆみちんもしました。
 
が。(また!?)
 
結局、保険っていう商品の特徴上、わかりにくいったらありゃしない(苦笑)
文字は小さいので、読むのに時間がかかりますし(いや、小さい文字ほどちゃんと読みますけど。)、
 
こういう場合はどうなの?
こういう組み合わせはできないの?
入院日額って変えられないの?

 
きっと、資料を読みながら、こういうちょっとした疑問も出てくると思うんです。
いや、かならず出てきます。
 
そうしたとき、やはり、
 
保険に詳しいひとが対面で話をしてくれる、詳細を教えてくれ、疑問にもこたえてくれて、必要に応じて変更もしてくれる。
 
そいういったケアって、絶対必要になってきます。
 
ですので、インターネット申し込みはやめたほうがいいと、断言したいと思います。
 
とくに、長くおつきあいするであろう、医療・生命保険に関しては、保険に長く携わってきた保険のプロに話を聞きながら、じぶんにあったプランを提供してもらうことが重要です。
 
保険は住宅と並ぶくらい高い買い物だと言われています。
それだけのお金を掛けて、保険という商品を買うのですから、
 
じぶんのお金の使い方に自信と責任をもつためにも、保険には、しっかり時間と労力をかけて、取り組んでみてはいかがでしょうか。

無理な勧誘、契約を急がされることはないの?

 
無料相談とか対面での相談は、無理な勧誘が心配です。
・・・と相談されたことがあります。
 
かれこれ3年前になりますが、わたしが利用した店舗型の無料保険相談は、無理な保険の加入や勧誘などは、まったくありませんでした。
 
質問にはいくらでも答えていただけますし、プランも組んでいただけます。
提案もしっかりしてくれます。
 
なにより、ネット上には詳しく書かれていない、保険に関する生の情報や役立つ情報もくださいます。
 
そして、もうひとつの心配。
契約を急がされないか?ってことですが、そんなことは一切ありませんでした。
そもそも、急がせてはいけないのです。

もし、そんなことをするような保険相談があるのなら、すぐに利用をやめましょう!

ファイナンシャルプランナーを派遣してくれる保険相談

ただ、ゆみちんが利用した店舗型の無料保険相談ですと、閉店のリスクがあるんですね。
実際、ゆみちんがいちばん最初に利用した保険相談は、すでに閉店してしまいました(;´∀`)
 
もちろん、店舗が閉鎖しただけなので、電話サポートなどはありますし、希望をすればファイナンシャルプランナーさんを派遣していただくことも可能なようです。
 
最近では、店舗型よりも、ファイナンシャルプランナーを派遣する形の無料保険相談が主流になりつつあります。
自宅に来てもらう、レストランやカフェで話を聞く・・・などなど、
じぶんの都合にあわせて、FPさんと相談することができます。
 
派遣型の保険相談ですと、一定の評価のある保険のビュッフェがおすすめです。
 
専門家おすすめの保険おしえます!保険のビュッフェ!

 
■保険のビュッフェの特徴は…
1.全国対応(離島をのぞく、47都道府県をほぼカバー)
2.FPの質が高い!(平均経験年数7.4年、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロ
3.相談までのオペレーションがスピーディ
4.消費者インセンティブが厚い ⇒ 相談成立で、商品券5,000円をプレゼント中!!
 
ファイナンシャルプランナーの基準というのが厳しいらしく、何年も、しっかり経験を積んだFPさんばかりだそうです。
 
保険は、人生のさまざまなイベント、ライフステージで見直しも必要になってきます。
以前は必要だった保障も、その後は必要ではなくなるかもしれない。
貯金が増えてくれば、保険もやめていける。
 
保険も、人生にあわせて組み替えていくことが必要なんです。
 
そんなとき、ちょっと相談できるファイナンシャルプランナーが身近にいると、心強いシーンは多いと思います。
 
>>訪問型無料保険相談は「保険のビュッフェ」へ

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。