ほうき生活のメリットは、時短・節約・省スペース。マメな掃除できれいをキープ。

次女が生まれ、子どもが2人になり、ますます時間に追われる生活になってきました。
 
もっとゆったり暮らしたい。
 
そんな想いとはウラハラに、時間ばかりが過ぎていきます。
そして、子どもが小さいと、じゅうぶんな掃除の時間も取れません。
 
朝、掃除機をかけたばかりなのに、夜、寝る前に床をみてみると、なんだかホコリとか食べカスがすごいことになってる・・・なんてことが、多々ありました。
だけど・・・
 
うちはマンションなので、夜遅くに掃除機を掛けるわけにはいきません。
 
だけど、この食べカスをそのままにしておくのもいやですし。
かといって、また、朝になってから掃除機を掛けるってなると、毎日掃除機を掛けることになってしまいますよね。

ほうきを購入しました!

そこで、わが家は「ほうき」を導入しました!
 
ホームセンターで購入した、ちょっと昭和レトロなほうきですが、大変気にいっています♪
そして、ちりとりは無印良品の190円のちりとり。
 
使ってみた感想ですが・・・
ほうきって、なかなか優秀なヤツでした(´∀`)
 

音が出ない

あたりまえですが、サッササッサと掃くだけです。
騒音などはまったくありません!
 
子どもが寝ているときでも、ささっと掃除ができる。
これはゆみちんにとって、大きな利点となっています!
 
音が出ないのをいいことに、掃除の時間が昼間の忙しい時間から、夜、子ども就寝後のゆったりした時間にするようになりました。
 

電気を使わない

こちらもあたりまえすぎてすみません(苦笑)
ほうきは、電気を使わないので、節約・節電です!
掃除機の電力もあなどれませんから、使用頻度が減る=使用電力が減ることになりますね!
 

しまう場所に困らない

わが家の掃除機はホースと本体がつながっている、ごくごく一般的な掃除機ですので、収納にも少しスペースが必要なんですよね。
ですが、ほうきですと、押しピンを1つ、壁に指して掛けておくだけでいい。
わが家では、使用頻度の高いリビングのすみに掛けてあります。
 
以上がほうきの際立った利点です。

ほうきと掃除機を使い分ける!

掃除機って重いので結構労働力を使いますが、こちらもなくてはならない存在です。
ゴミを吸い取るパワーはさることながら、別売のブラシなどのパーツを使うことで、すみっこのゴミもぐいぐい吸い取ってくれます。
お布団にもガーガーかけています(笑)
 
ほうきは、電気代がかからないので節約になるし、省スペースにもなるし、なにより、掃除機に比べ、機動力もはるかに高いです。
ですので、こまめに掃除をすることで、逆に、
 
掃除にかける時間が短くなってきました。
 
時短になっているんですね!
 
掃除機はじっくりしっかりゴミを取り除きたいときに使い、普段の掃除は、ほうきでささっと済ませる。
 
廊下も、寝室も、トイレの床や脱衣所、キッチンの床。
フローリングも、畳も、カーペットも。
持ち運ぶのにとってもラクなので、どこでもほうきで済ませています。
 
ハウスダストアレルギーもちなわが家、こまめな掃除は欠かせません。
  
なにより、夜に静かに掃除ができるので、昼に掃除の時間が不要になったので、ほかのことをする余裕もできました。
子どもの相手をしながらの掃除は、とっても大変ですからね。
 

 

 
あなたも、時短・節約・省スペースなほうき生活、はじめてみませんか?

あなたのシェアが、励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。