結婚披露宴が高額になってしまう理由とは。結婚式場でハマるお金と常識の怖いワナ。

結婚が決まったら、結婚情報誌などを利用して、いろいろと準備をしていきます。
ブライダルフェアなどにも通われると思います。

まず、ここは家計管理のサイトです。
お金に関係するお話を書いているサイトですので、サクッと真実を書いておきます。

結婚式は、お金を掛けたいだけ、掛けられてしまうイベントです。

なにがいいたいかというと。
結婚式も、ビジネスです。

ビジネスで利益をあげるということは?

ビジネスが悪いわけではありません。

結婚披露宴は、ほとんどの場合、丸1日式場を貸切って執り行います。

式場スタッフ、進行スタッフ、司会者、美容スタッフ、装飾スタッフ、音響、神父、コック・・・あらゆるスタッフが総出でふたりの門出を支える結婚披露宴に、お金がかかってしまうのは仕方がないことなのです。
ほとんどが、人件費です。

そして、ほとんどの式場では、週末の2日間で黒字化をめざさなければいけません。
経費から逆算して黒字にするために、「サービス料」と「利益をうむための仕組み」があらゆるところにかかっています。

結婚式だけで食べていく企業なら、結婚式で赤字になってはいけないのです。

お祝い事ですからね、という怖い罠。

結婚披露宴は、お祝いごとです。
一生に一度の大イベントです。
親族や身内も、おおいに絡んできます。
友人たちへのお披露目もあります。

あれもこれもと注文を受け、口を出され、すすめられ、ふと気がつけば、、、

予算をはるかにオーバーしていた・・・((((;゚Д゚))))

予算より100万円もオーバーしちゃったよ…。
もっと抑えるつもりだったけど、親がそれじゃダメっていうから余計にかかっちゃった。

これらはよくある「結婚式あるある話」です。

打ち合わせ前の段階では、予算にきっちり合わせていこう!と張り切るものです。
だけどね、このお金の話を非常にあいまいにしてしまう、魔法の言葉があるんです。
それが・・・

「お祝ごとですから、これくらいみなさん掛けられていますよ。」

という、ひと言です。
とくに、女性には弱いポイントをついた言葉かもしれませんね(笑)

周りより劣っていたら、恥ずかしいからいやだ。
周りからかけ離れていたら、あとから陰口を言われそうでいやだ。
みんなと同じか、それ以上がいい。

そんな気持ちにさせたうえに、お祝ごとだから…という決め文句。
これで、しっかりと結婚式場は利益をあげていくんです。

実際に、じぶんが結婚をするときに、いろいろなブライダルフェアに行ってみたんですが、フェア会場で式場の方からの話を聞いていると、そんな言葉にあふれかえっていることに気付いたんです。

ドレスを決めるときも、タキシードを決めるときも、装花やブーケを決めるときも、お料理を決めるときも、すべてにおいて、お祝ごとですから…と、ワンランク上のものをすすめられます。

「じゃあ、じぶんたちで準備して持ち込みます。」と言ったところで、「持ち込み管理料」をしっかりと請求されます。
なにをするにも、お金が必要です。

一般的よりちょっといいものを準備すれば、見栄も張れますし、ゲストや親族へのメンツも保てます。
結婚披露宴って、「ブライダル会社が作ったお祝い事のテンプレート」だと、そのときに気づいてしまいました。
バレンタインなどと同じです。

全額自己負担じゃないからこそ高額になるんですよ。

数か所の式場で見積もりをとってみましたが、どれもこれも300万円は下らない。
セクシィ.netには、結婚式費用の相場は、おおむね300万円以上だと出ていました。

そして、ほとんどの家庭で、結婚費用の準備は、お互いの貯蓄にくわえ親族からのお祝儀、ゲストからのお祝儀や親の援助でまかなっているそうです。

kekkon

ピンときた人もいるかもしれませんね。
そうです。
じぶんのお金じゃないから、どこから出ても痛くないんです。

この300万円を全額じぶんたちで払わなければいけないとしたら。
結婚披露宴、できますか?

お祝儀のアテが外れたら?
最後、支払いのときになって、お金が足りないことがわかったら?

結婚と同時に、ローンのはじまりです。

お金をかけない方法はないか考えてみよう。

ここまで、結婚披露宴に対して、金銭面から否定的なことを書いてきました。
豪華な結婚披露宴がしたい方は別として、お金をかけなくても、ささやかな結婚披露宴をしたいというのなら、お金をかけない方法を考えてみましょう。
 
結婚式場ではなくても、レストランを借り切って執り行うこともできます。
披露宴会場ほど高額にはならないかもしれません。
お料理は思い切って最高ランクのものが提供できるかも。

お祝儀はいただかない、会費制のパーティーにすることで、ゲストへの負担も減らすことができるかもしれませんね。

ここに書いた方法は、実際にゆみちんがやってきたことです。

会場費無料でブライダルをやっているレストランを半日ほど貸切りにし、友人の余興はやめて、ビンゴゲームにしました。
ゆっくりとレストランの料理を味わいながら、あちこちで談笑の花が咲く。

ドレスは母の手作り。
レンタルや購入も検討しましたが、母が作ってくれたので生地代だけで済みました。
ドレスコードもなしにしたので、友人の準備も簡単で済んだようです。

このときに思いました。
お金を掛けることばかり考えちゃいけないなって。

どうすれば、お金を掛けずに楽しくできるか。

結婚式にお金はかけない! けど、楽しくやりたい!
それを叶えるためには、アイデアと工夫は必須でしたので、いろんなことを友人と一緒に考えました。
おかげで、たくさんのことを学べました。

常識の裏を考えてみよう。

結婚式には、地域の風習もあるでしょうし、また、それを大切にする必要もあります。

そして、両親や親族といった身内や、会社関係で呼ぶゲストの意見も尊重しなければいけません。
ですので、一概に、お金をかけなければいいとは思いません。

結婚後、たくさんのお金が必要になるなかで、結婚式というのは通過点でしかありません。

結婚式で、どういうところにお金をかけ、どこには掛けずに済ますのか。

メリハリをつけて、大切に、有効に、使っていきましょう。
ちなみに、料理のランクを落とすと、ゲストの不満が高まるようですよ!

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。