500円玉貯金で年間10万円!節約意識も高まる500円玉貯金ではじめての貯金成功へ

だれにでも簡単にとりかかれる貯金方法があります。
それが、500円玉貯金です!
 
わたしも、結婚資金を貯めているときに、500円玉貯金にチャレンジしました。
飽き性でいつも続かなくて、なにをやっても3日坊主なのに、
 
1年間で10万円以上貯めることができました。

わたしの500円玉貯金の体験談、成功させるコツをまとめていきますね!

500円玉貯金で10万円を貯めるヒケツ!

チャレンジした期間は、おおよそ1年くらいです。
その間に10万円が貯まっていました。
 
これ、思っていた以上に貯まっていたんで、相当びっくりしたんですよ。
10万円も貯まっているとやっぱりうれしいですよね。
 
10万円貯めるために、ちょっとしたコツを取り入れてきました。

コツ1:お気に入りの貯金箱とライバルの存在

まず、貯金箱にこだわりました。
 
お気に入りがいいのはもちろんですが、壊さないと開けられないものがいいですね。
だれだって、おきにいりのものは、手放したくないものです。

コツ2:買い物時は500円玉を意識しよう

そして、買い物をするときは、あえて500円玉でお釣りがもらえるように買い物をしていました。
 
おつりでもらった500円玉は、すぐに貯金箱へ。
 
500円って小銭のなかでいちばん大きな金額なので、すぐに貯金箱に入れておかないと、ついつい使ってしまうんですよ。
 
100円玉だと気軽に貯められますが、500円を貯金箱にいれるのは勇気もいりますから(笑)

コツ3:仲間を作る

早く貯めたいなら、できるだけたくさんの500円玉貯金仲間をつくってみてください!
ライバルがいると、貯金は加速します!
 
わたしは、職場の同僚たちと競うようにして貯めていました。
 
月に1回、いくら貯められたか集計をして、いちばん貯められなかった人が、みんなにジュースをごちそう!
 
貯金してるのにお金を使わないといけないから、負けるとけっこう、くやしいんですよ(笑)
 
負けたくない!という気持ちがモチベーションにもつながるので、500円貯金仲間はおすすめです。

コツ4:継続はちからなり

最後に、達成するための、基本的で大切なことは・・・
 
コツコツと継続させること。
たのしむことを忘れないこと。

 
このふたつです。
 
継続させてこと、貯金と言える金額に育ってくれます。
 
10万円を貯めるためには、1ヶ月約8,500円ほど貯める必要があります。
500円玉にすると、17枚です。
 
達成できそうで、少しがんばらなければ達成できない枚数ですね。

生活がかかってるほうがより貯まる!

そういえば、仲間で競争してて気づいたことがあるんですが、
 
節約意識の高いひとほど、たくさん貯められていた。
 
ということです。
その方は、実家暮らしではなかったんです。
 
部屋を借りて、ひとり暮らしをしているアルバイトのひとでした。
 
実家暮らしのわたしや、既婚者の男性が月平均8,000円程度貯めていたのに対して、そのひとは、月平均10,000円!!
 
月2,000円違うということは、1年で24,000円の差になります。
500円玉4枚の差。

たった4枚の差が、1年後に24,000円につながっていく。
 
う~ん、そう考えると500円玉貯金はあなどれません。
 
わたしは、お小遣いや雑費といった、現金で管理している項目から500円玉貯金をしていました。
 
そう、500円玉貯金をすることで、自然と節約につながっていってたんです。

500円玉貯金は、節約の結晶

この500円玉貯金は、
 
あなたが節約することができたお金
 
ということになります。
 
毎月予算をたてて、節約しながらお小遣いをやりくりして生活していますよね。
 
しかし、さらにそこから、500円玉が貯まっていくということは、思っていた以上に、節約できるものがあったということです。
 
あなたが500円玉貯金をすることで、節約意識がどんどん高まっていきますよ。
まだこんなに節約できるものがあったのか!と、驚くこともあるはずです。
 
500円玉貯金を通して、節約意識まで高まるなんて、こんなすばらしい貯金方法はほかにはないですね。
 
500円玉貯金なら、10万円も難なく貯められると思います。
まずは、おきにいりの貯金箱をさがしに行きましょう。
 
ちなみに、ちゃんと貯まっている状態を確認できたほうが、モチベーションにつながる!という場合は、500円玉貯金の本もおすすめですよ!
 

10万円貯まる本「日本一周版」
 
楽しみながら、長く続けていきましょう!

スポンサー リンク

合わせて読みたい