株主優待と配当金は、ときどき変わる。

 
株主優待や配当金をもらうには、「権利」が必要なこと。
そして、権利確定日に株を保有しておかなければいけないこと。
これが優待をもらうための絶対条件でした。
 
でも、もうひとつ、気をつけておいてほしい点があるんです。
せっかく優待や配当金のことを吟味して株をえらんで買ったのに、
がっかりするようなことにならないように、ここにも書いておきますね♪
 

株主優待や配当金は、持ち株数や業績で変わります。

優待内容や配当金の金額は、いろんな理由から変わってきます。
気をつけたい理由はふたつ。
 
 
1.保有している株数で変わってくる
 
ここはしっかりと企業のHPや、証券会社のHPで内容を確認しておくべき!
 
100株保有で、1,000円の割引券だけど、
500株保有なら、3,000円の割引券、なんていうことはよくある話ですので。
ここで、優待プチ知識、なんですが、
ほとんどの企業では、最低単元株数の保有に対する優待が一番おトクです(^_^;)
 
たとえば、100株で1,000円、500株で3,000円の優待の場合。
100株を購入するのに10万円で1,000円の優待が得られ、
500株を50万円で購入して、3,000円と考えると、
どう考えても前者のほうが割合的におトクですよね。
 
 
2.企業の業績
やはり、業績が悪いという理由があると、優待が廃止されたりします。
そして、配当金を減額します、という結果にもなるわけなんです。
 
そもそも、株主優待は、あくまでも企業側のサービスで、
株に対する付加価値に過ぎません。
 
配当金も同じように、利益の一部が分配されるため、
業績が悪化すると、配当金が出せず、なくなったりする場合もあります。
 
しかし、こっちの理由は、個人ではどうすることもできません(泣)
そうなってしまったときは、いさぎよく、あきらめましょう(苦笑)
 
 
株主優待狙いの投資の場合、長期保有が多いかと思います。
買ったらあとはほったらかし。
あとは、優待がとどくのをわくわくして待っているだけ、ですよね?
ほったらかしすぎないように、気をつけましょう!
 
時期的には、たとえば、決算の時期だったり、
優待や配当金の権利確定日付近のあたりで、注意しておけばいいと思います。
いきなり、変わってた!?なんてことがないように(笑)
もちろん、優待や配当金が、増えてる!って場合もあるので、
そのときは、素直によろこんで受け取っちゃいましょうね~♪
 
 
上記以外にも、優待内容が変更になることはよくある話なので、
かならず、もっている企業の優待は、マメにチェックしておきましょうね♪

スポンサー リンク

合わせて読みたい