2017年度おすすめの家計簿はスヌーピーのかんたん家計簿!「食べる」「暮らす」「その他」の3つでスッキリ管理

毎年、10月頃になると書店に家計簿が並びます。

いつもこの時期には書店に行って、良い家計簿はないかな?と調査するのが趣味のわたし・・・(笑)

これまでキャラクターものは値段が高い(ワンコインで買えない)ということで、見ることすらしてこなかったのですが、今年はキャラクターものもチェックしてみたんです。

そうすると、これがびっくり!

SNOOPYかんたん家計簿2017 (レタスクラブムック)が、しっかりとポイントが押さえてあって、これは良い!と感じたのですよ。

細かいことは考えたくない、ずぼらさんにおすすめ家計簿です!

日々のチェックポイントは3つの支出だけ

家計簿は、書き込む欄が多くなるほど、めんどくさくなって挫折しやすくなるものです。

そもそも、毎日「被服費」や「医療費」が出るわけではないにもかかわらず、日々の支出を書き込む項目に、そういった欄があったりします。

また、たくさん書き込めるようにと、行が多く作ってある家計簿も多いんですよね。
正直なところ、毎日そんなに書き込む欄は不要なわけで。

このスヌーピーのかんたん家計簿の大きな特徴は、書き込む費目がたったの3つだけだということです。

それは、「食べる」「暮らす」「その他」です。

3つの支出を管理する

実際に、普段やりくりしているお金は、この3つにほとんどあてはまってしまいます。

難しいことを考えずに、ささっと3つに分けてしまおうっていう設定が、ずぼらさんにとって使いやすいポイント!

しかも、書き込み欄がざっくり大きいので、とっても書き込みやすいですね。

食べる

ここはもちろん、食費を書き込む欄ですね。

迷いなく書き込めるかとおもいますが、ここは買い物スタイル次第では、日用品も含めていいかもしれません。

スーパーに行ったついでに、食材といっしょに買うことも多いですからね^^

暮らす

日用品やクリーニング代など、暮らしに関わる支出を書き込むような設定になっているそう。
わたしが考える「暮らす」費目は、以下になります。

  • 日用品・雑貨代(ただし、食材と同時購入なら「食べる」でOK)
  • 下着・靴下等、必須の被服費
  • 散髪代
  • 基礎化粧品代(日焼けどめ等も)
  • ガソリン代
  • 灯油代
  • 住宅の備品代
  • 通勤・通学のための交通費、雑費
  • 新聞購読料

 
クレジットカードで支払ったものがある場合は、除外しちゃいましょう!
集計のときに、2重計上してしまいます。

また、クレジットカードで支払ったものを書き込む欄もあるので、数が少ないならそちらに記入していきます。

ただし・・・
わが家のように、生活費のすべてをクレジットカードでやりくりしている場は、すべてを書き込むことができません。

かといって、家計を改善したいのに、家計簿で細かくチェックしない・・・というわけにはいきませんよね。

その場合、毎日のやりくり費目をクレカで払ったものに関しては、現金とは色を変えて書き込むと、しっかりと支出を把握しながらも、まとめページで2重計上しなくて済みます。

「食べる」と「暮らす」の項目は、生きていくうえで必要なお金を書き込んでいくことになります。

ですので、この2つの項目は、毎月大幅な変動が出なければOKとしましょう!
ここを節約するのは至難のワザ・・・。

その他

この「その他」が支出のグレーゾーンになってきそうな予感!
家計を整えるなら、この「その他」の欄から手を入れていきましょう。

「食べる」にも「暮らす」にも含まれないものは、ここに書き込んでいきます。

  • レジャー費
  • 医療費
  • 交際費
  • 美容費(カラーリング、パーマ、ネイル等、基礎化粧品以外)
  • 被服費(急がないもの)
  • 習い事・塾費用
  • 家具・家電
  • 娯楽費
  • 冠婚葬祭
  • 医療・生命保険
  • 国民健康保険・国民年金
  • 税金等

 
わたしにとっては、どれも必要不可欠な費目ではありますが、高すぎるな・・・と感じたものは、バッサリとテコ入れしちゃいましょう!

生命保険は見直しもしやすいので、いまと同じ保証でさらに安い保険がないか、無料相談で調べてもらうといいですよ!

生命保険が高いと感じたら。いま必要な保険をムダなく・損せず選び直す生命保険の見直し方法

2016.03.17

レジャー費も、ちょっとお出かけしすぎてるな、と感じたら、お金の掛からないレジャーに切り替えてみる、とかできますよね。

「暮らす」と「その他」は、各家庭によって考え方も違うと思うので、ご自身がしっくりくる項目に振り分けていくのがいいですね。

わたしが少し振り分けていますが、「美容費」の中でも、普通に髪の毛をカット(散髪)する場合は必須になるので「暮らす」でもOKです。

でも、たまにご褒美感覚で施術する、カラーリングやパーマはどうかな?と考えてしまいますよね。

美容師の娘としては、「暮らす」に含めていただいたほうがいいわけですが、少しでも支出を見直したい場合は、「その他」でもいいと思います。

こうして、じぶんでルールを決めて振り分けを考えた場合、1年間通して同じルールで振り分けることを忘れずに!

決めたルールは、巻末のメモページに残しておきましょう。

1ヶ月ごとの集計ページは?

月ごとのまとめ

日々の集計は、各月ごとに書き込んでいきますが、毎月の集計は別のページにあります。

1年間を通して比較できるように、まとめてつけられるようになっていました。
これもいいですね!

各月がどういう支出になっているのか、ひと目で把握できます。
来年度分の予算も、とっても立てやすい!

わたしが自作しているエクセル家計簿も、1年分を比較できるように、まとめページのようになっています。

【2016年版】4人家族の生活費。家計簿を公開しています。

2017.01.16

この方法はとても把握しやすいので、おすすめです。

医療費の集計ページも!

医療費の記録

医療費は、1月1日から12月31日までの合計額が、以下の2点を超えると「医療費控除」を受けることができます。

  • 年間所得の5%
  • 家族の合計額が10万円

 
つい、医療費と聞くと、病院で支払ったお金と考えてしまうのですが、病院に診察にいくためのバス・タクシー代や、治療のために購入した医薬品のお金なども申請できるんですよ。

医療費控除を受ける場合、領収書のコピーや記録が必要になりますので、この医療費の集計ページを活用して、確定申告に備えておきましょう。

レシートはうっかりなくしてしまいやすいので、付録のスヌーピーの封筒に入れて管理してもいいかも!

封筒

まめ知識ですが、夫婦共働きの場合、年間所得によって、どちらで医療費控除を受けたらいいか変わってくる(還付金額が変わる)ので、所得に差がある夫婦は、じっくり調べてみてくださいね!

貯金はコツコツつけてモチベーションアップ!

預貯金達成表

毎月の預貯金額を記入するページもあります。
ここは自由に設定して書き込んでみてくださいね!って書いてあります。

先取り貯金ができているひとは、残金貯金を書き込んでいく方法もおもしろいですよね!
ちょっとしたへそくりが増える気分を味わえます。

でも、まだまだ先取り貯金が危ういな・・・という場合は、金額欄に「今月貯められた額」を書き込んでいき、○の部分を累計額として使うという手もあります。

どちらがいいか、モチベーションがアップするほうで挑戦していきましょう。

家計簿は、複雑なものより、シンプルなものを。
そして、じぶんにあっているものを使うのが、長続きのコツ!


出版社:KADOKAWA
税込884円
楽天
SNOOPYかんたん家計簿2017
Amazon
SNOOPYかんたん家計簿2017 (レタスクラブムック)

キャラクターものを避けていたじぶんを後悔・・・
こんなに良いものがあったとは^^

スポンサー リンク

合わせて読みたい