ふるさと納税で節税するメリットとは。ふるさと納税は魅力的な特産品がなくても活用して税金を軽減しよう

寄付金控除証明書

特産品目当てでふるさと納税だなんて、なんかガツガツした感じがする
ふるさとじゃないのにふるさと納税して特産品もらうなんて、なんか違和感ある

これは、わたしが実際にふるさと納税に対して感じていたことです。

どうしても、この部分がぬぐえず、ふるさと納税導入からしばらく経つにも関わらず、利用に踏み切れませんでした。

いま思えば、ふるさと納税の仕組みを正しく理解できていなかったから、こう捉えてしまったんだなと感じています。

ふるさと納税のメリットは、特産品だけではありませんでした。

ふるさと納税のメリット・デメリット

ふるさと納税は、寄付金控除を特例として認めた節税方法です。
……と言われても、わたしにはまったくピンと来ませんでした(笑)

わかったことは、
 
負担する税金が軽くなる

ということだけ。
また、ふるさと納税をしたからといって、住民税を納めなくてよくなるわけじゃないということも。

ふるさと納税は、あくまでも「仕組み」です

納税というと税金を納めている感覚になりますが、あくまでもふるさと納税は寄付金扱いであり、寄付した金額を控除して、所得税、住民税の負担を軽くするという話なんですね。
 
たとえば、社会保険料や国民健康保険料なども「控除」にあたり、あらかじめ収入から引くことができます。
 
簡単にいうと、控除がたくさんあったほうが「収入を低く見せることができるため、払う税金が減ってお得」ということ。
ふるさと納税もその「控除」にできるんです。

控除できる金額には上限があります

ただし、ふるさと納税をした分、全額が控除になるわけではありません。

好きなだけ納税して、節税しまくってやろう! というわけにはいかないのです。
ふるさと納税できる金額には、上限があります。

ここが、ややこしくなるポイントかもしれません。

具体的な金額は、年収から計算します。
ざっくりまとめると、寄付をする人の1年間の住民税の、おおよそ2割程度が上限です。

ですので、住民税を支払っていない人は、ふるさと納税をしても節税としての意味はありません。

また、寄付した金額から、2,000円を引いた額が控除されます。
2,000円は手数料のようなものだと覚えておくといいですよ!

具体的な寄付額を知りたい方は、手元に源泉徴収票を準備することで、ふるさと納税ができるWebサイトからシミュレーションをすることも可能です。

また、総務省のふるさと納税ポータルサイトには、目安が載っています。

ふるさと納税の目安
出典:総務省|ふるさと納税のしくみ

都内在住の方は、東京の有楽町にあるふるさとチョイスcafeで調べてもらうことができますよ。

ふるさと納税をやってみたい!初めてだから分かりづらい点をふるさとチョイスcafeで聞いてきました

2016.11.06

上限いっぱい納税するのではなく、少ないくらいを見積もっておくと、寄付損を避けられて良いですよ!

還付の手続きをお忘れなく

ふるさと納税をした年は、確定申告をするか、あるいは確定申告が不要になるワンストップ特例制度を利用し、還付の手続きをする必要があります。

手続きを忘れると、せっかく控除されて戻って来るお金があるのに、受け取れなくなります……。
お忘れなく!

ワンストップ特例制度で気をつけたいこと。申請書の地域ごとの違いからマイナンバーを送るときの注意点まで

2016.11.23

特産品だけではないふるさと納税のメリット

こうしてふるさと納税の仕組みを学んでいくと、節税面からも利用したほうがいい理由がわかってきました。

とくに、わたしのようなフリーランス(自営業者)は、少しでも税負担を軽くしたい、できるだけ控除額を積み増していきたい、というのが本音です。

特産品を辞退することもできる

魅力的な特産品がたくさんあるのは事実ですが、どうしても特産品をもらうことに抵抗があるなら、辞退することも可能です。

寄付だけして、特産品(お礼の品)は辞退する。

それでいて、寄付金控除はしっかり利用できるので、節税はできますよね。
そういう方法もあります。

住んでいる地域にふるさと納税する

他の地域にばかり納税していたら、地元の税収があやうくなるんじゃないか……
そう考えるなら、住んでいる地域にふるさと納税をすれば良いですよ。

税金を軽くするために、控除を受ける。
ふるさと納税を利用して節税する。

地元の税収を心配しながら、節税はしたいなんて、なんとも不思議なことだなと感じますが、ふるさと納税という仕組みを最大限活用して、地元の応援もできると考えてみるといいかもしれません。

なんといっても、ふるさと納税の場合、納税者が使い道を決めることができるのも、大きなメリットなのですから。

ただし、住んでいる地域にふるさと納税をした場合、特産品やお礼の品がもらえないケースもありますよ。

テレビで見て気になった特産品をふるさと納税でいただく

雪中軟白ねぎ

雪中軟白ねぎ。
こどもが生で食べられるくらい、辛味もマイルド。
とってもとっても甘くておいしいネギでした。

山形県鶴岡市のふるさと納税の特産品です。
10,000円を納税したら、なんと6キロも届いてしまいました(笑)

長ネギ

とうてい食べきれないので、ご近所の友人に持って行ったり。
近所のスーパーでは手に入らない雪中ねぎなので、すごく喜んでくれましたよ!

ふるさと納税の特産品の魅力は、その土地のおいしいものをいただけるということ。
そして、納税したお金で、その土地がどんどん良くなる、ということ。

「特産品」「おトク感」だけが、なんとなくひとり歩きしてしまったふるさと納税。
わたしのように考え違いをしていたり、仕組みを理解できなくて利用できていない人がいると思います。

ふるさと納税は、節税や特産品によるお得感だけではなく、みんなが幸せになれるよう考えられた仕組みです。

じぶんのお金の使い道はじぶんで決めて、節約できるところはしっかり節約をして。
幸せなお金の使い道を考えていきましょう。

寄付金控除証明書

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。