社保完備のバイト時代とローン

kage300.jpg
バイト三昧な高校時代を過ごした後、
1年間、職業技術学校で
グラフィックデザインの勉強をしました。
かれこれ、10年前のことですが、
そのころも、不景気でした。
就職氷河期と呼ばれていた時代で、
当時も、いまと同じように仕事はなし。
職種を限定していくと、仕事に就けませんでした。
そんななかでも、ゆみちんは、幸いにも、
良いアルバイトに就けました。
職安で探したわけでもなんでもなく、
偶然、新聞のオリコミに入ってる求人チラシで
見つけた仕事。
県内大手の印刷会社で、社会保険完備のMacオペレーター
いい仕事です!
すぐにでも人材がほしい会社というのは、新聞オリコミなどによく載せるのでチェックです(笑)
(・・・って、いまは求人誌とかたくさんありますね^^;)
なんとか、グラフィックデザインと関連のある仕事に就くことができましたし、
ラッキーなことに、採用後すぐに、社会健康保険厚生年金雇用保険までつけてくれました^^
アルバイトなのに社会保険等完備という好条件!
お給料が時給制でボーナス&退職金なしというだけで、保証は社員となんら変わらない待遇。
シゴト内容も社員と変わらず、残業もバリバリという、不景気のなかで、ありがたいお話。
(景気がよくなってからは、いつまでバイトで安くこき使う気だよって思いましたが・・ 笑。)
時給750円からのスタートで、すぐに800円まで上昇^^
フルタイムで残業ありのお仕事でしたが、
残業代も、きちんと労働法にのっとって上乗せしてくれていたので、
お給料は、就業して1年目なのに、多いときで手取りが17万円程度ありました。
無事シゴトにもありつけ、収入も安定してきました。・・・・・・・がっ!
シゴトに就いて1年。
そこで、調子に乗ってしまったこと。
新車の軽自動車を、ローンで買ってしまいました・・。
もうほしくてほしくてしかたなくて(涙)
車がないと不便な地域でしたが、会社は自転車で20分と、近いもんです・・。
頭金20万円だけ渡して、残り130万円はローン・・・。
ボーナス払いはなし。
金利も高いローンだったので、結局いくら払ったやら・・。
知識がないってコワイです。若いってコワイです(苦笑)
いまなら絶対しない!(何度言ってるんだ?このコトバ・・。
月々の支払いは、3万円だったと思います。
保険代をあわせると、4万円だったかな・・・。
さらに、とってもほしいものがあったんですが、それも、、、
ローンで買ってしまいました・・。
これが月に7,000円くらいだったかしら??^^;
このローンふたつがね、、、
ズシーーーッと、ゆみちんのこの後のビンボー人生に重くのしかかってくるんです。
また書きますけど、懲りずに。(おつきあいください 苦笑。)
ちなみに、このときの貯金はゼロです!!
ね^^;ムボーでしょ?(笑)
ローンって、かなり負担です。
モノは先に手に入るけれど、あとからあとから支払いがついてくる。
しかも、金利が上乗せされて。
買ったモノの値段以上に、お金を払っているんですよ?
当時は、このことに関して、な~~~んにも思いませんでした。
そういうシステムなら、しかたがないよねって思っていました。
だから、しょうがないって。
ローンはそうゆうものです。しかたがありません。
でも、問題はそこではないんです。
どうして、お金を貯めて買わなかったのか。
ということです。
実家暮らしだったんだから、車1台買うくらいの貯金は、がんばれば難なくできます。
買おうと決めてから、がんばって貯めればいいじゃないか。
でも、それがどうしてできないのか。
ほしいという気持ちに負けたから?
単に浪費家だから?
それもあるでしょうねぇ。。。
ですが、当時は、目の前のコトしか考えていなかったし、
お金に対する考え方が違っていたんだと思います^^;
先に買ってあとから払うのと、貯めて買うのと何が違うの?
そう思っていたんです。
ほしいものは、すぐに買わないと、損した気分になりそう・・。
ほしい気持ち&浪費癖&カン違いで、無理やり買ってしまった車。
母は、きちんと貯めて買ったらどう?と言っていました。
でも、ほしい気持ちは止められない!!
手に入れるまでは、気が気じゃない!!
こんな突っ走った気持ちで、じぶんでやってしまったローン地獄。
あとからわかる、ローンの苦しさ(笑)
この車を買った直後から、いや~~~な形で、知ることになるんです。
先に買うのと、貯めて買うのとの違いというものを。
精神的にも経済的にも、ツライ数年間のはじまりです・・。

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。