老後破産を回避せよ!老後破産予備軍にならないための家計防衛術。

老後破産予備軍って、ご存知ですか?
いま40~50代に、老後破産のリスクが高い方が増えているそうです。
 
それはなぜか。
 
これまでの黄金シナリオが崩れているところに、老後を迎える世代だから。
ということがいちばんです。
 
新卒で入社して順調に昇給し、無事に定年を迎えて、退職金を数千万円もらう。
老後は、残った退職金と年金で、悠々自適な老後を送る。

  
そういった黄金シナリオがなくなっている現代。
昔のように、年金を100%あてにして生活するなんて、考えられません。
そして、いまの20・30代は、さらに厳しい世代になっていくんじゃないでしょうか。
 
老後に向けて、時代に沿った資産づくりをする重要性が高くなってきていると感じています。
 
いまの30代・40代前半の方たちなんて、それこそ就職氷河期まっただなかで苦労してきています。
昇給がほぼない状態のなか、コツコツと生活してる。
それなのに、老後にまでお金で苦労したくはないですよね・・・
 
それを避けるために、いまからできることがいくつかあります。
 
決して、40・50代からはじめても遅くはありません!
気づいたらすぐに取りかかる。

 
国や会社のせいにして不満ばかり言ってないで、じぶんから動くことが重要です!!

老後に必要なお金を知る。

老後にかかる生活費が具体的に掲載されているページがあります。
↓ ↓ ↓
総務省統計局|家計調査報告(家計収支編)―平成26年(2014年)平均速報結果の概況―
 
こちらを詳しくみていくと・・・
 
夫65歳と妻60歳の夫婦世帯
年金収入(その他含む):20万7,000円
非消費支出(税金、社会保険等):2万9,000円
消費支出(食費、生活費、娯楽費等):23万9,000円
差額:-6万1,000円
 
毎月6万円の赤字が出ているということなんです。
この赤字分は、退職金や貯蓄から取り崩していることになります。
 
これから受け取る方はまだしも、いまの50代以下のかたは、年金は65歳からの支給になります。
ですので60歳で定年を迎えた場合、65歳までは、上記で示した「支出部分の合計26万8,000円」を全額貯蓄からまかなう必要もあるわけで。
 
この現実をどうとらえるといいのでしょう・・・
なんとなく、絶望的(苦笑)
 

60歳から65歳まで+65歳から86歳まで。

平均寿命の86歳まで元気でいられることと過程して、いくら預貯金で準備する必要性があるのか計算してみます。
 
60歳-65歳
26万8,000円×12ヶ月×5年間=1,608万円
 
年金受給開始-86歳まで
6万1,000円×12ヶ月×21年間=1,537万円
 
合計:3,145万円
 
3,000万円もの預貯金が必要という結果が出てしまいました・・・。
退職金がウン千万出ていた時代ならどうとでもなったかもしれないけど・・・、いまの時代に生きるゆみちんたちには、少し(というかかなり)厳しい結果となってしまいました。

老後破産を回避するためにできること。

ズバリ言うと、
 
支出を抑えて貯金をしていくこと。
 
・・・に、あると思います。
40代は子どもにもお金がかかり、想定以上の支出も多い年代になっていくと思います。
 
支出を抑えるっていっても無理かも・・・なんて思わず、まずは、身近な支出から手をつけていくことが大切!

30代・40代の生命保険。収入保障保険を利用して保険料を抑えよう。

2015.06.01

支出があること自体をあきらめて、まったく情報収集をしないという行動が、破産確率を高める結果となってしまいます。
 
いまの時代には、安くて便利なもの、同じサービスなのに価格が安いものなど、調べればたくさん準備してあります。
 
これらをうまく活用して、質を落とさずに価格を下げることがポイントとなってきます。

老後破産予備軍チェック!

老後破産予備軍かどうかをすぐにチェックしてみましょう。

  • 60歳過ぎても住宅ローンの返済がある。
  • いまの生活水準がかなり高い。
  • お金のかかる趣味がある。
  • 貯金がゼロ。
  • スマホ料金の調査をしたことがない。
  • 医療保険の見直しなんて不要だと思っている。
  • 退職金があればなんとかなると思っている。
  • 生命保険料だけで月5万円以上支払っている。
  • 不動産などを持っていない。
  • 老後に移住や旅行を計画している。
  • 投資で得られるような不労所得がない。
  • そもそもここを読んでもピンときていない。

 
これに該当したからってすぐに老後破産となるわけではありません。
 
ただ、破産リスクが高くなりやすいのではないだろうか?と感じます。
 
老後破産っていやな言葉ですよね。
それを回避するために、できる範囲から家計改善をはじめていきましょう。
あわせて読みたい

住宅ローンで破綻しないために。住宅を買う前に気をつけておきたいこと。

2015.10.15

家計の見直しポイントは固定費から!収入の10%を貯める家計見直し術

2015.09.25

30代・40代の生命保険。収入保障保険を利用して保険料を抑えよう。

2015.06.01

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。