子どもにTONEスマホを持たせて分かったメリット・デメリット。2年間継続利用した感想をまとめました

TONEスマホ

長女が小学2年生のとき、学校から帰宅後にお友達と遊びにいったり、少しだけ留守番をすることも増えてきました。

そろそろ、外出時だけでも携帯電話を持たせようかと考え、子ども用の携帯を探し始めたのですが、わが家は格安スマホユーザーです。

ドコモなど3キャリアが発売しているキッズケータイは、親が利用中でないと契約できなかったり、GPS機能が制限されるなど、さまざまなデメリットが浮かんできました。

また、こどもに持たせるスマホのために、高いお金を払うのも家計にとっても重く負担になりますよね……。

そんなとき、夫が見つけてきたのが、TSUTAYAが販売しているTONEモバイルという格安スマホでした。

なぜ、このTONEスマホをこども用として使おうと思ったのか。
それは、充実した見守り機能と、その機能を他社のスマホでも使うことができたからです。

実際に、わが家で2年間継続利用してみた感想や、使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介しますね。

子どもにスマホを持たせたいけど、持たせようかどうか、どのスマホがいいのか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

まずは、子どもに持たせるときに気になる見守り機能から紹介します。

TONEファミリーという見守り機能に助けられています

わが家がこども用として採用する決め手になったのは、TONEファミリーという見守り機能のオプションサービスが充実していたからなんです。

ここが、使っていて大きなメリットだと感じています。

★子ども向け見守り機能

  • あんしんインターネット(フィルタリング機能)
  • 居場所確認(GPS)
  • アプリ制限
  • 時間制限
  • 歩きスマホなどの警告機能
  • 140字が入力できる伝言機能

 
使い方も簡単です。
まず、TONEスマホを子ども用に契約します。
お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

19歳以下の場合、親の名義で契約し、子どもを登録する形になります。

見守り機能は、専用のTONE見守りという専用アプリがあるので、契約したTONEスマホと、親のスマホにインストールするだけでOKですよ。
1度ログインすれば完了です。

見守りアプリ

TONEスマホは専用サイトからダウンロードしますが、わが家のように他のスマホを使っている場合は、Google playApp Store からダウンロードして使います。

アプリ経由でさまざまな設定が可能ですが、パソコンからも同じように使えますよ!

閲覧制限、パスワードで制限など、親側の設定でロックできる

Webの閲覧を制限するフィルタリングや、パスワードを設定することで、アプリのダウンロード制限ができるため、子どもが間違って変なサイトをみたり、アプリをダウンロードすることを防げます。

閲覧できる時間

この画像は、こどもが使える時間帯を決められるところ。
わが家は、夜8時から朝の7時まではパスワードをかけて、使えないようにしています。

また、こどもが使うパスワードも設定できるため、こども自身のプライベートも守られるようになっているのは、こどもにとってのメリットですね!

小学生高学年、中学生のお子さんがいらっしゃる方には、親子で安心して使えるのではないでしょうか。

精度の高いGPS機能

GPS機能も優れています。

GPS機能

実物をお見せできないのが残念ですが、住所もピンポイントでわかります。

アプリから位置情報がリアルタイムでわかるため、わたしも、こどもの帰りが遅くなったときに活用していますよ!

実は、それだけではなくて、TONEスマホをうっかり落としてしまったときも、GPS機能が大活躍しました。

示した場所と、ほぼ同じ場所に落ちていたんです。
GPSの精度の高さにびっくり!

あとは、パスワードで利用制限を掛けていてよかったなって、つくづく感じました。
勝手にものを購入できないようになっていますし、アプリのダウンロードもパスワードを突破しないとできません。

見守り機能が悪用防止にも役立ちました。

詳細はこちら お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

親が他社スマホの場合の注意点

ここからは、親がTONE以外を使っている場合のTONEファミリーについての注意点です。
デメリットとも言えるかもしれませんが、あえてあげるとするならば、ということで紹介しますね。

見守り機能が有料サービスに

TONE同士であれば、見守り機能は無料で使えます。
ですが、わが家のように、親が違う会社のスマホを使っている場合は、月額200円(税別)の有料サービスになります。

また、見守り機能の中の、あんしんインターネットというフィルタリングサービスも有料になるんですよ。
オプションのオプションという、ちょっと複雑な形になります。

フィルタリングサービスの申し込み画面

フルサービスで使いたい場合は、見守り機能で200円、そのなかのあんしんインターネットで100円合計300円ほど掛かることになります。

ただ、親のスマホが他社であったとしても、これだけの機能が300円で利用できるなら、防犯にもお財布にも助かるなぁと感じますね。

使えない機能がある

1つだけですが、「Air Knock」という機能を使えません。
こちら、TONE同士なら使えます。

Air Knockは、TONEの画面にドアが表示され、それをコンコンと叩くと、相手のTONEスマホがコンコンとなる機能ですね。

まぁ、この機能は使えなくても全然困らないですし、使い方もいまいちわからないので、機能としてなくてもよさそうな気がします。

ただ、5回以上コンコンとすると、緊急連絡モードになるため、本当にピンチのときには役に立つのかもしれません。

TONEスマホそのもののデメリット

ここまで、見守り機能についてのメリット・デメリットを紹介しましたが、少しだけ、機種に関するデメリットも紹介しますね。

ぶっちゃけていってしまうと、バッテリーの持ちがよくありません。
わが家が使っているのは、いまは販売予定がない m14 という古い機種ですが、こちらのバッテリーは1日以内に切れてしまいます。

m15はかなり改善されているそうなので、いずれ機種変更をするつもりです。

デフォルトはIP電話

TONEスマホは、050からはじまるIP電話になっています。
050のデメリットは、110番や119番などの緊急時の通報が直接できないことです。

「直接」できないと言ったのには理由があって、TONEスマホにはそれを補う機能が付いています。

TONEスマホから110番にかけたとき、最寄りの警察署を数カ所探し出し、直通の電話番号が表示されるようになっているんです。

緊急通報

119番も同じように、最寄りの消防本部が検索されるので、表示されたらその番号をタップすると通話が始まります。

IP電話のデメリットをカバーしている機能があるのは助かりますよね。

また、オプションになりますが、ナンバーポータビリティに対応した090音声オプションというものがあります。

月額953円(税抜き)ほど掛かりますが、必要ならこちらを契約しても良いかもしれません。

SMSはオプション。LINEのID検索ができない

TONEスマホでLINEやツイッターを使いたい場合、SMSオプションに加入する必要があります。
これが、月額100円(税抜)です。

中学生など、お友達同士でやりとりをする場合はつけてあげると良いと思いますよ!

格安スマホを使っていて、いちばんのデメリットだなと感じるのが、LINEのID検索ができないことなのですが、わたし自身もとっても使いづらいなって思ってるんですよね……。

TONEスマホも格安スマホなので、LINEのID検索ができません。

ただ、大人には不便ですが、親から見ればID検索ができないのもメリットで、知らない人と繋がることを防いでくれますからね。

IDを交換する方法は、QRコードの読み取りやふるふる機能もあるので、お友達同士なら不便はないですよ。

さて、最後になりましたが、気になるのはTONEスマホの利用料金ですよね。

TONEスマホの料金プランはお財布にとってもやさしい!

基本の月額料金は、1,000円(税抜き)から。
しかも、料金プランは1本だけです。

気になる通信容量も無制限と、かなり良心的!
もちろん、いっきに通信すると速度制限が掛かりますが、低速になるだけで追加料金の発生などはありません。

わが家の月額利用料は、約1,640円(税込)と、安く抑えられていますよ。
内訳は以下になります。

  • 月額利用料:1,000円
  • 見守り機能:200円
  • 安心オプション:500円
  • SMSオプション:0円※

 
すべて税別です。
また、調整金として毎月200円ほど引かれているものがあるため、実際の請求金額が少なくなっています。

※のSMSオプションですが、わたしが契約した頃は無料だったので、現在も無料になっています。
(解約して再度契約した場合は、料金が発生します。)

安心オプションは、端末の保障で、盗難や故障に対応しています。

TONEスマホは合格点!子どもに持たせる初スマホにはぴったり

TONEスマホと子どもの手

わたしの感想としては、TONEスマホは合格点です。
デメリットだと感じる部分はありますが、それをカバーできるような作りになっているため、おおむね満足していますよ!

機種自体のスペックはそう高くない(古いm14なので)ところもありますが、子どもが初めて持つスマホ、とくに、親の管理下で持ってもらう場合には、最適なサービスになっていると感じています。

いまは春のキャンペーン中で、複数同時契約、もしくは、19歳以下の新規契約で、1年間利用料が0円(または機種代10,000円引き)になっていますね。

わたしも、事務手数料が無料になるキャンペーンを利用して契約しました。
春はキャンペーン時期ですし、初期費用をぐんと抑えられるチャンスなので、検討中の方はお早めに^^

詳細はこちらから お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。