目的別貯金を取り入れたら家計がグンと楽になる。貯金の使い道を先に決めてしまおう

貯金を成功させるコツは、貯金の使い道を先に決めてしまう!ということです。
これを「目的別貯金」と呼んでいます。
 
わが家はこの目的別貯金をとりいれることで、家計がどんどん楽になってきました!

貯めてる人は、使い道を決めている!?

「年間100万円以上貯めています!」
「今年は150万円貯められました!」

 
・・・と、書いてあるホームページやブログって、たくさんありますよね?
毎年、100万円程度貯めることができてますので、それを公開してます。
 
本気で貯金したいあなたも、きっと、いろいろ見て回っているハズ!
(ゆみちんも貯金しよう!っておもったとき、見て回りましたから 笑。)
 
でも、これって、疑問に思いませんか?
 
年間100万円貯めてるってことは、このひとは毎年100万円貯めて、もう、かなりの資産を築きあげちゃってるのかしら?
その貯金、全然つかわずに、残せてるのかしら?・・・って。
 
ゆみちんは、疑問だったなぁ。
どうやったって、1年間で100万円貯めても、100万円も残ってないんだもの(爆笑)
実際、どうなんだろ~?っていろんなホームページを見てて気付いたことがあるんです。
 
それは、
 
あらかじめ、貯金の使いみちを決めて貯めている!?
 
・・・ってことに。
 
ジジツ、トータルで年間100万円の貯金に成功してるんです。ほんとスゴイ!
でも、その貯金も、一部はきちんと使ってるんですよね^^
だから、かならずしも、100万円すべてが残っているわけじゃないってこと。
 
ちょっと安心(笑)
 
だって、ほんとに100万円純粋に貯金できてたら、すごいじゃないですか!
そんなすごいことができるほど、うちは収入がないよ(涙)ってなっちゃうから。
 

成功者に学ぶ!目的別貯金の目的とは!?

で、貯金初心者さんにはピンとこないかもしれないので、たとえば、どんな使いみちがあったのかというと・・・
 
まずは、夢のマイホーム。
繰り上げ返済用の貯金などもありました。
 
あとは、旅行資金!
 
こどものいる家庭は、教育費。
必要ですよね。
 
ゆみちん家の場合は、帰省旅費も項目別に貯金してます。
 
などなど、年間100万円のなかにも、いろんな使いみちの貯金があるワケなんです。
貯金の使いみち=使う目的が、いわゆる目的別貯金なワケなんですよ。
なるほど!なっとく!

使い道を決めることで貯まっていくこともある!

ゆみちん家の貯金も、この目的別貯金をベースにして、毎月いくら貯金して、いくらずつ振り分けるのかを考えて、貯金予算をとってます。

うちの目的別貯金の内訳を詳しく解説します!【2016年7月度改訂版】

2016.07.26

 
合計すると、年間150万円程度の貯金額になるわけですが、例を言うと、そのなかの、30万円は帰省費用として使っています。
 
あと、予備費として、冠婚葬祭などのために貯金をしていますが、これもほぼなくなります。
さらに、30万円くらいは、教育資金なので、じぶんたちの資産として計上していません。
  
ね、これだけでもう70万円弱は、すでに使いみちが決まった貯金となるわけです。
 
じゃあ、なんで、使い道を決めて貯金をするのか・・というと・・・。
 
使いみちを決めて貯めないと、ホントに残らないから!
 
なんですよ(笑)
 
貯金をがっつりしてたって、予想外の出費や意外な出費ってあるものですよね。
それをただ貯金してた口座から引きだして使っていると・・・

  • 必要なお金がいるときに、必要な額が残っていないかもしれない。
  • ぱっと見て、どこになにが残っているのか、全然把握できない。

 
というデメリットがでてくるわけなんです。
とくに、必要なときにお金がない状態っていうのは、かなりのピンチ!
 
でも、しっかり貯金をしてても、こういう状況って案外出てきちゃいます。
それを回避するために、目的別貯金が重要になってくるんです。
 
この目的別貯金を取り入れて、貯められるようになった人もいますので、ぜひ、あなたも活用してみてくださいね!
 
目的別貯金の管理は、住信SBIネット銀行がオススメ。

住信SBIネット銀行の目的別口座と定額自動振替サービスで、お金の管理をラクにする方法。

2014.08.11
スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。