私立幼稚園3年保育で必要だった幼稚園代・かかったお金。

2011年4月から、私立幼稚園に入園した長女。
2014年3月で、卒園を迎えることとなりました。
 
これから入園されるかたの役に立つかもしれない!と思い、
 
いつ・どれくらいのお金が必要だったのか。
 
記録して、残しておきたいと思います。
事前にわかっていれば、しっかり対応できますもんね♪
参考になれば幸いです(´∀`)

私立幼稚園にかかったお金

入園前&入園準備金 : 162,900円
 
年少組 : 350,245円
年中組 : 352,580円
年長組 : 351,380円
3年間の保育料 : 総合計 1,217,105円
 
-受け取った補助金額 : 合計 248,800円
 
実際に、私立幼稚園で必要だった費用
合計 968,305

(3年間の保育料合計 - 受け取った補助金)
 

入園前のお金:内訳

youchien003

年少・年中・年長のお金:内訳

youchien004
 
youchien005
 
youchien006

私立幼稚園の補助金制度

私立幼稚園に通う場合、地域や収入により金額の差はありますが、私立幼稚園就園奨励補助金をというものが受け取れます。
 
わたしが住む市では、年に1度まとめて振り込まれます。
第1子の一般的な住民税家庭の場合は、年間9万円程度。
非課税世帯であれば、30万円以上支給されます。
(ほぼ幼稚園代が補えるくらいです。)
 
補助金の申請は、幼稚園を通して申請しました。
そうじゃない場合もあるかもしれません。
 
ふたり同時に通う場合などは、ふたりめから増額されます。
第2子は20万円程度支給されます。
しかし、第1子が小学校3年生になると、第2子も第1子扱いとなるので、減額してしまうのがネックです。
 
収入が低くても補助金制度が充実していますので、しっかりお住いの自治体のホームページなどをチェックしてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。