住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを作ろう。ATMの手数料無料回数を気にせず使える方法

ネットバンクの代表格、住信SBIネット銀行
うまく使いこなせていますか?
 
SBI銀行のスマートプログラムという制度は、ランクに応じて手数料の無料回数を増やすことができます。

住信SBIネット銀行でATM&振込み手数料を節約。家計管理に有効活用しよう。

2016.01.17

ランク制度をあげるなかで、比較的取り入れやすいSBIデビットカードと、ATM手数料の無料回数についてまとめてみました!

デビットカードをうまく使うことで、ATMの引き出し手数料無料回数を気にしなくてよくなるかもしれません!

スマートプログラムを軽くおさらい!

スマートプログラムは、ATMの引き出し手数料および他行宛て振込手数料の無料回数が、利用状況に応じて決まるという制度です。
 
ATMの引き出し手数料は、以前は、セブン銀行とイオン銀行で何回でも無料でした。
スマートプログラムの導入で、ATMをよく利用する方はとても厳しい状況になってしまったかもしれません。
 
ランク制度をあげたとしても、これまでのように月に何回でも手数料を無料にするということはできません。
最大でも月に15回までです。
 
いちばん低いランクだと、引き出し手数料無料の回数は月2回になりました。

ランクをあげたいけれど、ハードルが高い。

たとえば、月7回まで無料で使える「ランク3」にしようと思うと、ハードルが高くなります。

スマートプログラムのランク3
参照元:住信SBIネット銀行

とくに「E」の欄のなかの利用実績を増やして、ランクを上げていくという方法も取れないことはありません。
 
ですが、よくわからないまま外貨預金を利用したり、あたりまえですが、気軽にカードローンや目的ローンを組んだりなんてできませんよね^^;
 
実は・・・
ATMの引き出し手数料は、銀行口座の使い方を工夫し、デビットカードを取り入れることで解決することができます。

SBIのVisaデビットカードは、普段使いに活用しよう!

SBIデビットカード

SBI銀行のVisaデビットカードですが、デビットカードがどういうものかご存知ですか?
Visaと名前がついていますが、クレジットカードではありません。

デビットカードとは?

Visaデビットカードは、Visa加盟店(Visaのクレジットカードが使えるお店)であれば、どこでも使うことができます。
使い方もクレジットカードと一緒です。
 
違うのは、クレジットカードは月に1回まとめて請求がくるのに対し、デビットカードの場合は、使ったその場で銀行口座から利用額が引き落とされるところなんです。
 
お店で3,000円の買い物をし、デビットカードで支払ったら、カードを使ったタイミングで、銀行口座から3,000円が引き落とされるということですね。
 
ということは・・・?
 
これまでは、お金が必要になるたびにATMに行く必要があったけれど、すべての支払いをデビットカードで済ますようにすれば、わざわざお金をおろしに行く必要がなくなるということです。

これなら、ATMの利用回数を気にしなくてもいいですよね!
 
それに、クレジットカードとは違い、利用できる金額は、銀行口座に入っているお金の分だけです。
クレジットカードのように、使いすぎてしまうことはありません^^

また、家計簿にマネーフォワードを使っている場合、クレジットカードでは、使った日と引き落とし日と2段階で処理されますが、デビットカードの場合は引き落とされた日だけ記録されるので、家計の処理もシンプルになりますね!

デビットカードが使える場所・使えない場所

上にも書きましたが、Visaのクレジットカードが使えるところであれば、Visaのデビットカードも使用することができます。
 
コンビニ、ファミレス、スーパーマーケット、居酒屋や駐車場・・・
もちろん、ネットショッピングでも使用することができるんですよ!
 
クレジットカードのように16ケタの番号があるので、それを入力すればOKです。
 
使用できないところは現金しか取り扱いができないところや、市役所、屋台などですね。
 
Visa加盟店で使えるということを覚えておいていただければいいかな、と思います^^

これまでは、現金で支払っていて、所持金が少なくなるとATMでおろしていた・・・という方は、デビットカードで支払えばそのまま口座から引き落とされるし、ATMでおろす回数も減らすことができます。

現金をもたなくても、現金と同様に使うことができます。
 
これからは、銀行でお金をおろして現金を持ち歩くというスタイルより、デビットカードをメインに運用していくことで、ATMの手数料回数を気にしなくてよくなります。
 
結果として、月2回の引き出し手数料無料でじゅうぶんになりますね^^

デビットカードを紛失した場合の手続きは?

デビットカードを紛失してしまったら大変ですよね・・・
クレジットカードなら、引き落とされる前に対処できますが、デビットカードは使われてしまうとすぐにお金が落ちてしまいます。
 
もちろん、デビットカードを使うときもサインや暗証番号が必要です。
ですが、少額決済の場合はサインレスの場所もありますし・・・。

デビットカードを紛失した場合でも、届け出た日から30日前にさかのぼり、被害を補償してくれる制度があります。
(偽造・改変については60日。)
 
また1日あたりいくら使用することができるかという利用限度額も、200万円を上限に設定する事ができます。

上限額

1日の利用限度額まで設定できるんですね!
家計の運用にはもってこいかもしれません^^
 
また、デビットカードの場合も、利用明細をスマホから確認することができたり、お知らせメール機能もあるので、使い過ぎも防止することができます。

お知らせメール

こんな感じで、利用履歴があったことを知らせてくれます。

切り替え手続きは無料のうちに!

現在、すでに口座を保有されている方は、デビットカード付きキャッシュカードに変更することができます

その場合、振込時などに必要な認証番号は別のカードで届きます。

認証番号カード

デビットカードへの切り替えは、通常1,080円の切り替え手数料が必要になりますが、2017年3月末までに申し込めば、切り替え手数料無料で発行できるとのことです。
 
デビットカードの利用金額次第は、スマートプログラムの他行宛て振込手数料にも影響してきます。
切り替え手数料が無料のうちに、切り替えておきましょう!
 
新規で住信SBIネット銀行に口座開設をされる方は、デビットカード付きのキャッシュカードが届くので、あらためて申し込まなくてもOKですよ!

住信SBIネット銀行でATM&振込み手数料を節約。家計管理に有効活用しよう。

2016.01.17

あなたのシェアが、励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。