貯金を500万円貯めました。貯めたからこそ分かる、貯金額300万円までの苦悩と気持ちのゆとり

ここのカテゴリ、500万円貯金達成までの道なんですよね。
(※2015年現在は「1,000万円達成までの道」になっています。)

先日、わが家の預金・保険・投資、すべての残高を書きだしてみました。
すると、意外なことに・・・

すでに530万円になっていました。

あれ?いつの間に……という感じで、じぶんが驚いています。
もちろん、流動的な預貯金の部分も含めてありますので、多少の増減は毎月あります。
それでも、500万円達成していたのです。

スポンサー リンク

300万円までのハードルは高い。

じつは、貯金をはじめたとき、「とにかく300万円は貯めよう!」というお話をいろんな貯金サイトや、貯金関係の本などで見かけていました。

300万円を超えたら、あとは加速する、とも書かれていたんです。

なので、わたしは、とにかく300万円は絶対貯めるぞ! と気合いをいれ、毎月毎月、コツコツコツコツがんばって貯金しました。

そう「がんばって」貯金をしてきたので、努力をしないと貯められない!という感覚は大きかったんです。

精神的にもきついな、と感じることが多かったですね。
それでも、とくかくお金を貯めなければ!という思いを強く持って貯めてきました。

ですが、300万円を達成したあとからは、頭が貯金という2文字に支配されることなく、毎月あたりまえのように貯金できるようになっていました。

さらに、使わなければいけないところで、しっかり使うことができるようにもなっていたんです。

ここ、貯金300万円を超えていくための、大切なポイントかもしれません。

貯めても使えない症候群

貯金をはじめた頃は、貯めても使うのが惜しくって、なかなか使えないんですよね。

せっかくここまで貯めたのに、使ったらもったいない! とか、貯めたと思ったら、大きな出費が控えててなんだか使えない! とか。

もう、使うことが怖いんです。

いま思うと、その感覚って、意外とみんな経験があるんじゃないかなって思うんです。

わたし自身も300万円まで貯めたあと、貯金スランプに陥ってます。
使うために貯めてるのに、使うイベントが重なるとすごく落ち込んでしまって。

きっと、誰もが通る道なんでしょうね。
 
でも、よくよく考えてみたのですが、なぜ貯金をしているのかというと、いずれ使うためなんですよね。
そして、当たり前なんですが、お金は使うためにあるんです。

ある程度貯めることは大切。
ですが、お金を使っていくことも同じくらい、いやそれ以上に大切!!

お金は使わねば!! って、いまは思っています。

使えない症候群を超えた先に。

次から次へとやってくる、おおきな壁やスランプを超えてきました。

じぶんのなかで「貯める」と「使う」のバランスが取れたとき、頭のなかを支配していた「お金」や「貯金」に関する強迫観念がなくなり、貯金は加速していく……という感覚になっていくのかもしれません。
 
それが、ちょうど貯蓄額300万円を超えたところ。
 
だから、300万円貯めなさいってよく書いてあるのかな?とか、勝手に思ったりしてます。
だから、いま現在がんばってる方は、決して焦らないで。

大切なのは、成功体験を積み重ねること。
貯金の成功体験を積み重ねて、さらに大きな成功をつかみとる!

これが、確実に、着実に、じぶんへの自信になります。
自信になると、強迫観念から解放されます。

すると、「ごく自然に貯金ができる」ようになっていきます。
ちいさなことからコツコツとって、ほんとに大切なんです!

わたしも、ゼロからのスタートでした。
 
だから、焦らず、使うところで使って、貯めるとこで貯めて、成功体験を積みつつ、目の前の目標をクリアしていきましょう!

ちなみに、わたしの目標が500万円だったのは、1年間無職でも、普通に食べていけるそうな金額かなと思ったからです。

なので、とりあえず500万円をひとまずの目標としていました。
それをクリアしてしまったので……
次は、

1,000万円達成の道!

ですね!

10万円貯めることすらできなかったわたしが、1,000万円をめざすことになるとは、夢にも思っていませんでした(笑)

コツコツはちからなり、ですね。

とはいえ、完璧はめざすことなく、ちょいゆるめくらいで、がんばっていきましょう☆
あきらめない限り、目標は確実に、近づいていますから。

1000万円、達成しました

2016年度の貯蓄額は178万円。年末に家計簿を締めるときに見ておきたい家計運営で大切なポイント3つ

スポンサーリンク

ピックアップ記事と広告