複数銘柄の売却を決意!投資の勉強をしてじぶんのための投資ではなく家族に還元できる投資をする(2016年9月18日)

今週末のTOPIXと日経平均株価は以下のとおりです。

TOPIX:1311.50(前週末比-32.36
日経平均株価:16519.29(前週末比-446.47

スポンサー リンク

所有銘柄の見直しを行いました

先日、今まで所有していた銘柄の半分以上となる4銘柄の株式を売却しました。
売却したものは以下の4つ。

  • すかいらーく/100株
  • 東北新社/100株
  • セブン銀行/200株
  • ファンコミュニケーションズ/100株

すかいらーくは結構大きな含み損を抱えていましたし、ファンコミュニケーションも、結局は当初の目的を達成できないままの損切り、唯一利益が出たのは東北新社だけでした。

今回、所有銘柄の見直しを行った理由は、ぼく自身が管理していく資産の見直しをするためです。

見直し前の投資スタイルは、あくまで自分のお小遣いの範囲内でした。

そのため、かなりアグレッシブな運用を行っていました。今回の株式売却まえは、ぼくが使える資金の約91%を株式投資に充てている状況だったんです。

購入するときはポジショントレードというよりも、とにかく自分の気に入った好きな会社の株を中心に購入してきたという感じです。

モーニングセットをいつも利用しているからすかいらーくを購入したり、好きなアニメの配信をやっているから東北新社をチェックしてみたりと・・・。

この投資スタイルの欠点は、なかなか損切りの決断ができないんですよね。

好きな企業の株式なんだから、株価が下がっても好きな企業には変わりないわけで、そのまま運用すれば銘柄数は増えますし、含み損があっても損切りはできません。

その結果、資産の90%以上が株式投資になってしまい、含み損も大きく膨らんでしまいました。

家計の運用方法を変更。じぶんの資産はじぶんで管理することになりました

ところが、妻のひと声で、わが家の家計を含めた資産運用方法が変更になり、この運用自体も家計の中の資産運用の一環になりました。

詳しくはこちらの記事にまとめられています。

家計管理の方法をガラッと変更。共稼ぎ夫婦は生活費を固定費化させて管理をラクにしよう

ぼくが運用する資金の元金は、妻とふたりで、お互いに貯めた資金の余剰金なんです。

ぼくだけの貯蓄ではないため、そんなにアグレッシブに運用していいものではありません(いまさらかよ・・・)

そんなに積極的に投資して、またリーマンショックみたいなのがあったらどうすんだよって、ふと考えたんですよね。

日本自体にも北朝鮮の存在もありますし、必ずしも安全なのかどうかもわかりませんよね。

すべてを日本の株式投資に投資している現状を見直し、株式投資の比率を下げる決断をしたので、思い切って半分ほど売却したってわけです。

現実的に、家のお金の運用を任せられているのだから、重要性をしっかりと認識しなきゃいけませんね。

それを考えると正直、あまり楽しいという理由だけで、株式投資に資金を注ぎこんではいられないっていう気持ちです。

AOKIホールディングスは今月末が権利確定なので、今回の見直し対象にはしませんでしたが、優待が届いたら売却するかもしれません。

ぼくがいま考えていることは、投資シロウトの個人が銘柄を選んで、タイミングよく注文出さなきゃいけない株式投資をメインとするより、もっと効率の良い投資スタイルというのもあるんじゃないかってことです。

例えば確定拠出年金とかもそうです
当面は、積極的な投資は控えて、将来に向けた資産強化のための情報収集に専念することにします。

老後破産を回避するためにやっておきたい年金対策。貯金を切り崩すのではなくお金が入ってくる仕組みを作る

先週の市況と雑感

ここ最近の日経平均株価は、16,000円と17,000円付近を行ったり来たりの繰り返しです。
今週末の終値も、先週より400円以上も下げて終了しました。

現状としては、アメリカの利上げの有無や、日銀のマイナス金利政策の動向次第。
今後も、大きく上げたり下げたりするような状況が続くのかもしれません。

このような状況のなかで、サラリーマン投資家はどのようにトレードをするのが良いのか……

今まで想定もしていなかった「マイナス金利政策」がスタートしましたし、サラリーマン投資家も、今まで以上に投資や経済に対する知識を深めなければ、より良いトレードを行うことは難しいのかもしれませんね。

株主優待狙いだとか好みで株式を購入していたら、最終的に資産価値を減らしてしまうことになるのかもしれません・・・

ぼくも、もう少し株式投資に関する知識を深めなければ。

トレード報告

所有銘柄 取引株数 内容 売却損益
すかいらーく 100株 売却 -29,300円
東北新社 100株 売却 +1,400円
セブン銀行 200株 売却 -6,200円
ファンコミュニケーションズ 100株 売却 -7,800円

東北新社を除いてすべて損切りなので、かなり損失を出してしまいました。

それにしてもすかいらーくの約3万円は大きいですが、株主優待や配当金を受け取っているので、全額損失ではないところが救われるところでしょうか(苦笑)

購入したタイミングが悪かったというだけのこと。
またいつか、下げ止まったころに購入できればうれしいですね。

前述した通り、損切りの理由は「投資内容の見直しのため」です。

株式投資にばかり偏りすぎて、リスクが高い状態になっていたことが原因・・・。
投資のバランスは重要ですね。

所有株式の運用状況

所有銘柄 所有株数 損益
オイシックス 100株 -13,100円
AOKIホールディングス 100株 +2,300円

所有銘柄全体での損益は-10,800円になりました。

サラリーマン投資家しんごのつぶやき

オイシックスはそれなりの含み損を抱えている状態ですが、当面売却する予定はありません。
ビジネススタイルについては将来性を非常に感じています。

Kit Oisix(きっとおいしっくす)は非常に便利なツールですし、料理ができなかった自分でも問題なく作れているんですよ。

主婦の方向けの商品で、2~3人分の献立になっていますが、個人的には「独身男性向けの1人分パックとかもあってもいいんじゃないかな?」なんて思っています。

また、現在オイシックスは東証マザーズに上場中なのですが、いずれは1部か2部に上がってくれると信じています。

オイシックス株式会社の株主総会ってどんな感じ?ウェルカムトマトから食の体験会までをレポート

AOKIホールディングスについては現状、どのようにするか悩みますね。

株主優待や配当金とかを考えると、そこまで悪くありません。
ですが、爆発的な株価上昇のきっかけになりそうなものがこれと言って見つからない気もしています。

AOKIはスーツ専門店ですが、最近では総合スーパーでもわりと安くて良いものが購入できますよね。
そう考えると、今後の需要が正直心配なんですよね。

スーツ専門店とは別に、会員制複合カフェである快活クラブ、がなかなか順調に店舗数を増やしています。

実際に利用してみて満足できたので、今後も利用したいと考えているところです。

AOKIホールディングス(8214)の快活CLUBが割引利用できる。純利益の30%を株主に配当する方針を宣言中

取り急ぎ売却しなきゃいけない状況ではなくなりましたし、急がずじっくりと検討していこうと思います。

スポンサーリンク

ピックアップ記事と広告