ボーナスは貯金する?使う?家計を守る、ボーナスの貯め方・使い方。

住宅ローン

ボーナスは使わずにまるっと貯金しよう!!
まとまったお金がいただけるボーナスは、貯金額アップの近道です。

 
・・・って、よく聞く話ではありますよね・・・。
 
もちろん、いちばんいいとされるのは、ボーナスをまるっと貯金できること、ですよね。
それはわかってるんですが・・・
 
そうはいかない時期だってある!!!
 
とくに、子そだて真っ最中の世帯。
事情があって共働きできないかたで、パートナーひとりの収入でやりくりしてる家庭も多いと思う。
 
そんな、働けない・貯められない・ボーナスに頼らざるを得ない の3ない時期に、どうやってボーナスを有効に活用していけば良いのかを紹介します。

住宅ローンや生命保険などのボーナス払いはNG

住宅ローン

住宅ローンをボーナス払いありで組んだりしていませんか?
生命保険や医療保険などは年払いにしてて、ボーナスで支払っていませんか?
 
住宅ローンや生命保険って、長期に渡って、支払いが必要なものですよね?
ローンなら35年、生命保険なら60歳や65歳払い済みにしてるかたもいるかもいるかと思います。
  
長期にわたる支払いというものは、月々の家計に組み込んだほうが安心です! 
  
ボーナスって、会社側のさじかげん・経営状態で、ゼロになる可能性もあるもの。
だから、長期にわたるものにあててしまうと、まんがいちゼロになったときに大変なんです。
それは避けたいですよね。

ボーナスで支払うとよいのは、いつでもやめられるものの支払い

 
じゃあ、ボーナスをどんな支払いに使うのが、よりベターなのかというと、
 
いつでもやめられることやものに、ボーナスを使いましょう。
 
・・・ってことなんです!
いつでもやめられるものって、どんなものがあるのでしょうか。

幼稚園代

これは期間限定で、こどもが3~6歳の間だけのものです。
年少から通ったとしても、こども1人につき、3年間です。
3年間で約1,080,000円。
 
実際にかかった費用はこちらに公開しています。

私立幼稚園3年保育で必要だった幼稚園代・かかったお金。

2011.02.09
娘が入園するまえから、ボーナスを予算として組み込んで貯めながら使っていました。

こどものお稽古ごと・塾代・新聞の購読

これらは、最悪の場合やめることができますよね。
習い事代、月々10,000円なら、年間12万円です。
 
5年間続けたとして、60万円。
ふたりぶん×5年なら、120万円にもなります。
 
これを賞与から支払うようにしていけば、家計の負担は月1万円軽くすることができます。
1万円を節約で作りだすのは大変なので、賞与にシフトさせてみましょう!

スマホ代・インターネット料金

最終手段になりますが、連絡手段として残すだけにするならば、ガラケーやPHSが1台あればなんとかできます。
 
通信費は家計のなかでも締める割合が大きいですよね。
毎月2万円近く支払っている家庭もあるのではないでしょうか。
 
年間24万円も通信費に支払っている事実は変わりありませんが、家計の負担を軽くするために賞与を使うのであれば、賞与からの支払いにシフトさせてもいいかもしれません。

軽くなった家計分ほど、じっかり積み立てる!

いつでもやめられるものをボーナス払いにしたぶん、月々の家計負担は軽くなります。
そのぶん、しっかりと積立てをして、ボーナス払い用に残していきましょう!
 
はい。結局は、出るお金はいっしょですよ。
いつ・どこから支払うかっていうのの違いです。

 
けれども!!
 
いつゼロになるかわからないボーナスで、長期にわたる重要な支払いをするよりも、幼稚園代やお稽古ごとなどの、短期間で見通しがきく支払いだったら、ボーナスで支払ってしまっても、毎月の家計はまもりやすくなります。

貯められない時期は、ボーナスも有効に使おう!

「ボーナスはまるっと貯金できれば、それがいちばんいい。」
でも、いま現段階でボーナスを含めた家計予算をたてているならば、
 
少しずつ、ボーナスの負担をかるくできるような予算に組み替えていけば、ボーナスがなくなってしまった!というときに備えていける。
 
人生には、お金が貯められない時期っていうのがどうしてもあります。
そんなときこそ、ボーナスを「貯金」という守りの道具にするのではなく、有効に「使っていく」必要もでてくるんですよね。
 
貯めるばかりがお金の役目じゃありません。
じぶんや家族のために、有効活用させるのがお金の役目。

 
ムダを削減して、なるべく多く貯金していけるような家計状態にすることが第一!
それをふまえたうえで、ボーナスをどう使うかをかんがえていく。 
 
いま、ボーナスを貯金できていないかたがいたら、少し視点をかえて、ボーナスを有効活用していく方向へもっていきましょう!
そして、どうやったらボーナス依存から抜け出せるか、知恵を絞っていきましょう!
 
アイデア次第で、家計はいくらでもまもることができますからね!

ボーナスを有効に使う先のおすすめは?

もし、ボーナスをもっと有効に活用したい。
将来に備えた方法をとっていきたい。

 
というのでしたら、ゆみちんはセゾン投信の積み立てがいいと思います。

セゾン投信の定期積立プランでじぶん年金づくり!月々5,000円から長期投資で運用していきます。

2017.03.10

月々5,000円からの積立てプランを選んでいますが、セゾン投信はスポット購入もできます。
10,000円以上1円単位で、好きな時にいつでも買い付けることができます。
 
これを利用して、ボーナス時期にまとめてセゾン投信を購入していく。
もしくは、資金を確保しておいて、毎月分散で買いつけていく。
という方法もとることができます。
 

 
単純に貯金をしておくよりも、将来大きく育つ可能性もある方法です。
あなたが取れるリスクの範囲内で、ポートフォリオのひとつとして、組み込んでみてはいかがでしょうか。

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。