ボーナスが貯金できない家計はこうして改善する!ボーナス依存から抜け出して健全な家計へ変身させるやりくり術

家計の赤字を補填するだけでなくなってしまうよ……。
住宅ローンのボーナス払いなんてやるんじゃなかった、全然自由に使えない……。

 
せっかくのボーナスなのに、まったく残らなくてため息ばかり。
教育費や帰省費用、なんだかんだと使い道が決まってしまい、1円も自由に使えないことだってあるかもしれません。

かくいうわたしも、少し前まではボーナスに依存していたため、ほとんど自由に使えなくて。
この時期はうれしいはずなのに、気分が憂うつになるときもありました。

うちはボーナスに頼らないとやっていけないんだ……。
ボーナスを家計に使うなんて、わたしのやりくりドへたくそ……。

でも、「もしかしたらお金のやりくり方法を変えることで、使えるお金が生み出せるんじゃないだろうか?」と、毎月のやりくりとボーナスの配分を見直し、家計を思い切って根っこから変えてみたのです。

そうすると、少しずつ、自由に使えるお金ができてきて、ボーナス時期もわくわくたのしいものへと変わっていきました。

どうやってボーナス依存から脱却していったのか。
この記事では、ボーナスを有効活用しながら、家計を改善させる方法をご紹介します。

これをやると貯まらない!ボーナスでやってはいけないこと

価格ドットコムの調査で、「2016年冬ボーナスの使い道と平均消費金額」というものがあります。

これを見てみると、使い道1位は貯金(218,452円)ですが、第2位にローン返済(177,392円)、第3位に子どもの教育費(150,037円)がランクインしています。

ローン返済が繰り上げ返済なのか通常の返済なのか、データからはわかりませんが、2位、3位の合計額は30万円以上になります。

自由に使えるお金がないなぁと感じる子育て世帯も多いということがわかりますね(涙)

気になるボーナスの使い道ですが、これをやるとリスクが高くなるよ、というボーナスの使い方があります。
それは、以下のような内容です。

  • 住宅ローンなどのボーナス払い
  • 医療・生命保険(掛け捨て)などの支払い
  • 税金の支払い
  • マンション・駐車場などの管理修繕費の支払い

実は、わが家がやらかしていたのが、ローンの支払い以外の、3つの項目なんです。

よくよく考えてみると、保険、税金、管理費の支払いができなくなってしまえば、かなり困った事態になりますよね……。

保険は支払いができないと保障が受けられなくなってしまうし、税金は督促も来るうえに、延滞金も掛かってきます。

管理費の支払いができなくなれば、マンションを売却しなければいけなくなりますし、裁判沙汰だって避けられません。

しかも、これから比較的長期間、もしくは一生に渡って必要になるお金です。

こういう視点でものごとを捉えると、長期に渡って人生に必要な費用をボーナスに依存させておくことがいかにあやういか、理解できるのではないでしょうか。

このように、ボーナスに依存することでリスクが高くなる状態を、わたしは「ボーナスリスク」と、勝手に名付けていました(苦笑)

わたし自身もボーナスリスクが高い家計だったので、冒頭に書いたように根本的に改革していきました。

とはいえ、限られた収入のなかでやりくりするのは大変です。
収入がたくさんあれば、ボーナス払いにしているものを家計に組み込むこともできるでしょう。

でも、現実は、限られたお金でどうにかやりくりしなければいけない、ということです。

となると、取れる手段は1つ。

高くなってしまったリスクを限りなく低く抑えること。

そこで、ボーナスに依存してもいいようなものと入れ替えることにして、次のように変えていきました。

ボーナスで支払うとよいのは、いつでもやめられるものの支払い

「ボーナス依存してもいいようなもの」とはいったどんなものなのか。
それは、いつでもやめられるもの、期間限定のものです。

1つ1つは少額でも、積み重ねたら大きな金額になります。
それこそ、1年分の管理費くらいはカバーできるほど。

まずは、いつでもやめられる・期間限定をキーワードにいくつかピックアップしてみましょう。

【期間限定】子どもの幼稚園代

幼稚園代って太いですが、期間限定の支出になります。

年少から通ったとしても、こども1人につき3年間です。
1ヶ月3万円なら3年間で108万円、4万円なら144万円ですね。

わたしは、娘が入園するまえから、ボーナスを予算として組み込んで貯めながら使っていました。

幼稚園代で慌てない超やりくり術!先取り貯金で時間を味方につけて未来の家計をラクにしよう

2017.02.28

住宅ローンのボーナス払いを1回10万円にしているなら、幼稚園代3ヶ月分と置き換えるだけでOKですよね。

先にボーナスから10万円を幼稚園代として取り置きし、次の月からボーナス払いを家計から捻出するようにしていきましょう。

こどものお稽古ごと・習い事・塾代・新聞の購読等

子どもの習い事代や塾代を家計から捻出している家庭は多いかもしれません。

もし、住宅ローンなどボーナスリスクが高い家庭であれば、これらをボーナス払いに変えていく手もあります。
なぜなら、最悪の場合やめられるからです。

習い事代、月々10,000円なら、年間12万円です。
5年間続けたとして、60万円。
2人分×5年なら、120万円にもなります。

これをボーナスから支払うようにしていけば、家計の負担は月1万円ほど軽くできます。
家計から浮いた1万円を貯めておき、生命保険の年払いに当てるのも良いですね!

スマホ代・インターネット料金

最終手段になりますが、連絡手段として残すだけにするならば、ガラケーやPHSが1台あればなんとかできます。

通信費は家計のなかでも締める割合が大きいですよね。
1人1台、家族4人分で4〜5万円もスマホ代に使っている家庭もあるかもしれません。

となると、1年間で48〜60万円にもなります。
もちろん、これをボーナスから出したところで、支出全体の負担は変わりません。

しかし、ボーナスリスクを下げるためならば、取れる策の1つですよ。

スマホ代自体を節約したいなら、こちらの記事がおすすめです。
1年間でウン十万円の節約に。スマホ代の節約候補「格安SIM特集」をチェックする

軽くなった家計分ほどしっかり積み立てる!

幸せになろう

ボーナスリスクが高い家庭は、家計の支出とボーナスからの支出を入れ替えたり、組み替えたり工夫をしながら、リスクを下げる必要があります。

先にも書きましたが、そんなことをしても、全体の支出が減るわけではありません。

上にあげたような「期間限定のもの」や「いつでもやめられるもの」をボーナスで支払い、「長期に渡って」必要なお金は家計から捻出すること。

これをするだけでも、家計を守ることができます。

まら、ボーナスがなくなったとしても、大事なお金は家計に組み込んでいるから、なんとかできる! というふうに、すぐに気持ちを切り替えられるようになります。

家計管理術は、お金を貯めること、節約することがすべてではありません。
こうして、お金の中身に手を加えて、どのようにお金を使っていくかということを考えるのも家計管理術なのです。

ボーナスを貯金できていないのなら、視点をかえて、ボーナスを有効活用していく方向へもっていきましょう。

アイデア次第で、いくらでも家計を守ることができますよ♪

家計を最大限生かす節約術も学ぼう

新生活から始める貯金生活のための準備リスト。今年こそ貯金体質になって100万円を貯めてみよう

住宅ローンの返済で家計を破たんさせないために、覚えておきたい大切なこと。逆算と比較が家計を救います

スポンサー リンク

合わせて読みたい