クレジットカードは使えるお金を増やすツール。ポイント還元率1.2%のリクルートカードを最大限活用しています

こんにちは!
ポイント好き、小さなお得が大好きなしんごです。

ぼくは、普段の買い物は、すべてリクルートカードで支払うようにしています。

リクルートカードはリクルートポイントが貯まるんですが、リクルート!?使わないよ!って思わないでくださいね。思っている以上に、なかなか使いやすいポイントなんです。

ポイントといっても軽く考えちゃダメですよ!

お金と同じように使えるので、ポイントを活用することで、使えるお金が増やせるんです。

これが、ぼくがクレジットカードを利用する理由です。

リクルートカードとポイントの仕組みを理解すれば、かなりお得に生活できるようになりますよ!

忙しい方向けに、さっと概要がつかめるよう、僕なりの使い方をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

リクルートカードの特徴

リクルートカードの大きな特徴は、どこで買い物をしても、ポイント還元率1.2%という高い還元率と、それにもかかわらず年会費が永年無料というところにあります。

年会費が一切かかりません!

リクルートカードは、発行手数料も年会費も無料のクレジットカードです。

よく、「年間利用額が○万円以上使うと翌年も年会費無料です」という、最低利用金額が設定されているクレジットカードもありますが、そういうものも一切なく、永年無料になっています。

ポイント還元率は1.2%。ほかにはない高還元率カード

リクルートカードのポイント還元率は1.2%。
年会費無料のカードの中では、かなり高い還元率ですよね。

ポイント還元率とは?
利用額に対してポイントで還元される率をあらわしたもの。

リクルートカードは利用金額の1.2%分(端数切捨)が、リクルートポイントとして加算されます。

たとえば、1ヶ月で30,000円を支払った場合、360円分のリクルートポイントがもらえるってこと。

しかも、なんといっても、どこで利用しても還元率1.2%というのは、とても大きなメリットですよね。

溜まったポイントはどこで使えるの?

リクルートポイントは、リクルート系のサイトで、1ポイント1円から使用することができます。

有名どころのECサイトは、ホットペッパー、ホットペッパービューティー、じゃらん、赤すぐnetなどがありますが、正直、ECサイトを言われてもよくわからないですよね・・・

ぼくの利用方法は、以下のようになっています。

リクルートポイントは、Pontaポイントにしておこう!

リクルートポイントは、途中でPontaポイントと統合されたため、わかりづらくなったと言われていますが、実はとってもシンプル。

リクルートカードで貯まったリクルートポイントは、とにかくPontaポイントに交換しておけばいいってことです。

いま、リクルート系列のECサイトは、リクルートポイントではなく、Pontaポイントが貯まるようになっているので、Pontaポイントにしておくことで、使用の幅がぐっと広がります。

リクルートカードだけ、なぜかリクルートポイントのままなんですよね……。

Pontaポイントへの交換レートは、1ポイント=1ポイント。
同等の額になっていますので、Pontaポイントカードを持ってない方は、作っておくことをおすすめします!

電子マネーのチャージも、ポイント対象です

一般的なクレジットカードの場合、電子マネーへのチャージ料金はポイント対象外になっている場合があります。

でも、リクルートカードは、電子マネーへのチャージもポイント対象になっています。
これは、すごく活用できますよ!

チャージする場合、VISAブランドのリクルートカードを発行しておきましょうね。
国際ブランドにより違いがあり、VISAは、チャージできる電子マネーの対象が多いです。

ブランドによる違い
VISA:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
JCB:nanaco、モバイルSuica

電子マネー自体も、ポイントがもらえますよね。

普段から電子マネーを利用しているなら、リクルートカードでチャージしましょう!

「リクルートポイント」+「電子マネーのポイント」と、ポイントの2重取りができ、使えるお金を増やせますから。

nanacoを使うとき、リクルートカードから1,000円チャージして使えば、nanacoポイントが10ポイント、リクルートポイントが12ポイント付与されます。

合計22ポイントなので、利用額からの還元率は2.2%ですよ。

nanacoチャージで税金を払えば、まとまったポイントに

結構高額になってしまう、固定資産税などの税金・・・
これ、nanacoで払えるんです。

ただ、税金の支払いの場合、nanacoポイントはつきません
でも、リクルートカードでチャージしてから支払えば、リクルートカードのポイントが、チャージ分ほどつきます

nanacoで支払える公共料金・税金は以下になります。

  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 自動車税・軽自動車税
  • 電気・水道・ガス

 
その他、不動産取得税、消費税などがありますが、あまり縁がないので・・・(笑)

わが家は妻がフリーランスで、国民健康保険と住民税も支払っているため、今年は税金だけで、54万円も支払いがありました。

それをリクルートカードでnanacoにチャージして支払っているので、6,480円分もポイントでもらっていることになりますね。

家族カードも、ETCカードも無料で発行できるので、すべての支払いを1枚にまとめると、すごいポイントになりそうです・・・

VISAの場合、ETCカードは新規発行で1,080円が必要です。

税金の支払いをするだけでも、リクルートカードはお得だなって感じてます。

↓↓カードの発行はこちらから。
リクルートカード_PC

ここからは、リクルートポイントをPontaポイントに交換したあとの話を書いていますので、さらにお得に活用したい方はご覧になってください。

効率的にPontaポイントを貯める方法

リクルートポイントはPontaポイントに交換しようと書きました。
ぼくは、Pontaポイントのメリットを以下のような方法で、最大限活用しています。

ホットペッパービューティ経由で美容院を予約

ぼくが最近利用しているのは、ホットペッパービューティーです。

実は、ここに紹介してある美容院(理容室)を利用すると、利用額の2.0%分のPontaポイントがもらえるんですよ。

これ、女性にはうれしいかもしれませんね!

「カット+パーマ+トリートメント+ヘッドスパ」で10,000円だったとしたら、200円分のPontaポイントがもらえます。

ぼくはいつも、クレジットカード払いができるお店を予約しています。

この方法なら、Pontaポイント2.0%分とリクルートポイント1.2%がもらえるので、実質3.2%分もポイントバックになります。

4,000円のカットで、128円分のポイントバックですね。

また、溜まっているPontaポイントを使うこともできます。
予約をするときに、ポイントを使うことを知らせておけば、料金支払時に、ポイント分ほど割引になりますよ!

家族旅行は「じゃらん」から予約

以前、家族旅行で横浜に一泊しました。
このとき、じゃらんから予約をしたんですよ。

利用したホテルは、家族4人で一泊50,000円ちょっと。
宿泊料金の2.0%が、Pontaポイントで戻ってきました。

そのポイント数は、1,038ポイント。
「じゃらん」経由で予約しただけで、使えるお金が1,000円ほど増えました。

もちろん、これもリクルートカードで支払ったので、さらに600円分のリクルートポイントもゲットしました。

ちなみに、ここに紹介した2つのサービスは、会員登録をすれば、Pontaポイントが貯められるようになります。
貯めたポイントは、もちろんこのサイト内でも使えます。

リクルートカードを持っている必要はないので、Pontaを効率よく貯めたい方は、ぜひ活用してみてくださいね!

ホットペッパービューティー
【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

Pontaポイントは、ローソンで使うとさらに還元率があがる!

お試し引換券

せっかく貯めたPontaポイントも、できればお得に使いたいですよね。
ぼくは、ローソンのお試し引換券用にも使っています。

お試し引換券は、めっちゃくちゃお安く商品を買うことができる券なんですが、Pontaポイントとdポイントでしか発行できません。

お得なのに、Pontaポイントかdポイントを使っている人しか利用できないんですよ!
まさに、知っている人だけが得するサービスです(笑)

たとえば、普通に購入すると140円のものが、お試し引換券だと60ポイントで購入できたりします。
これ、半額以下ですよ。

Pontaポイントは、1ポイント1円として使用することができるので、お試し引き換え用商品に欲しいものがあるなら、ぜっっったいに使用したほうがいいですよ!

ぼくは、ローソンに行くたびに、必ずチェックしています。
コーヒーとかも結構ありますよ!

最後、熱くなってしまいましたが・・・

還元率やリクルートポイントと聞くと、いまいちピンときませんが、日常生活上に、ポイントがたくさん入ってくる仕組みを作っておけば、結果的に使えるお金が増やせると考えると、これは利用しておきたいですよね。

節約志向のサラリーマンなら、なおさらです!

リクルートカードを使ってポイントを貯めると、お得な生活が送れますよ!
▽▽▽
リクルートカード_PC

ぼくの使い方、参考にしてみてくださいね〜!

スポンサー リンク

合わせて読みたい