児童手当だけで200万円貯まる!教育費500万円を貯められる貯金プランを紹介します

保険料が安くなった

子どもを育てるとお金がかかる。
大学資金として500万円くらい貯めたほうがいいという話を聞いたけど、そんなお金、どうやって貯めたらいいの?
 
頭を悩ませる子どもの教育費づくりですが・・・
教育費を貯めるための真実。
それはズバリ。
 
児童手当をしっかりと貯めていけば、なんとかなる!
 
ということなんです。

児童手当を全額貯めるといくらになるのか。

satsutaba
児童手当を全額貯めると、いったいいくらになるか知っていますか?
年齢により金額は変わってきますが、あらかじめ計算して、もらえる金額を試算してみましょう。

意外と貯まる、児童手当。

第1子・第2子は、3歳未満は月額1万5,000円が支給されます。
3歳から中学校卒業前まで、月額1万円。(第3子は1万5,000円)
 
3歳未満・・・1万5,000円×3年間=54万円
3歳~中学校卒業まで・・・1万円×12年間=144万円
(第3子は、小学校卒業まで1万5,000円、以降1万円。)
 
54万円+144万円=198万円
(第3子の場合は、合計252万円。)
 
児童手当を受給する15年間、1円も使わずに貯めるだけで、約200万円貯まる!
 
どうでしょうか。
1円も使わずっていうのはむずかしいかもしれませんが、15年間児童手当を貯めるだけで200万円になるんです。

教育費500万円を貯める方法

教育費を準備するときは、児童手当分200万円を考慮し、貯めたい期限から逆算してプランしていくといいです。
 
そして、大学進学用の資金として使いたいので、入試費用や大学入学準備などに使えるのが理想的です。
計画を立てるときは、18年ではなく17年で計算してくほうが良いですよ。

教育費500万円プラン

500万円-児童手当200万円=300万円
17年間で貯める場合は、1ヶ月約1万5,000円になります。
 
毎月1万5,000円と児童手当を貯めていけば、17年後には、506万円貯まっていることになります。

教育費300万円プラン

500万円は厳しいけど、300万円くらいは貯めてあげたい。
そうすると、17年間で、毎月5,000円ずつ貯めればOK。
 
17年後は、ちょうど300万円貯まっています。
 
逆算していくと、道筋がはっきりわかるので、目標も立てやすいですね!
そして、いくら貯めたらいいの!?どうやって貯めたらいいの!?という漠然とした不安も解消されるので、安心できます。
 
とはいえ、管理次第ではうっかり使ってしまうこともありそうです。
それを防いで、しっかり残していくためには、どうやって貯めていくのがよいのでしょうか。

銀行口座の選び方・貯め方はどうする?

児童手当は手をつけない!専用口座を作ろう!

児童手当は、うっかり手をつけてしまわないように、児童手当専用の銀行口座を開設しておくといいですね!
  
別口座にしておけば、間違って使うこともありません。
15年後には、200万円がほったらかしなのにしっかりと貯まっていることになります。
 
児童手当の受け取り口座は、世帯主名義である必要があります。
子ども名義の口座では受け取れないので注意しましょう。

定期預金を活用しよう!

せっかくなので、定期預金も活用していきましょう!
 
ここ最近の定期預金の金利は、本当に低いです。
しかし、毎年夏・冬のボーナス時期に、定期預金の金利上乗せキャンペーンが行われたりしますので、それをうまく活用すること。
 
金利情報はしっかりとチェックしておきましょう。

イオン銀行であれば、イオンカードセレクトという、イオンのクレジットカードを作って引き落とし口座にするだけで、普通預金の金利が0.1%上乗せされます。
 
定期預金の場合は、イオンカードセレクト限定の金利キャンペーンなどもやっていますよ!

教育費のプランをしっかり立てる!

児童手当をしっかり貯めることで、将来の大学費用だけでなく、入学などの節目のイベントごとに役立てることもできます。
 
しかし、現金で積み立てているだけでは、夫やわたしに何かあったときに、子どもたちの教育に影響がでてしまいます。

できれば、わたしたちに何かあっても、ちゃんと教育が受けられるだけのお金は残してあげたい。

それに、いまの時代、定期預金に預けていても、たったの0.1%しか金利がつかないんです・・・

わが家では、貯蓄と保障を得るために、貯めているお金の一部で学資保険を掛けています。
 
あくまでも一部です。
わが家は、児童手当に加え、毎月1万円ずつ貯金をしています。

ですので、児童手当は現金で貯めておき、追加で貯める分だけ学資保険をかける、という方法です。
 
しかし、家計が赤字なのに、無理をして学資保険をかける必要はありませんよ!
児童手当だけでもじゅうぶんに子ども用のお金は貯まりますから、無理は禁物です。
 
学資保険を検討するのであれば、気をつけておいたいポイントがあります。

できれば大学受験前には準備し終わっておきたいので、長期の払い込み期間にしてしまうと、入試時期に間に合わない可能性があります。
 
これは、学資保険の満期の時期が重要で、できれば年末までにお金が入ってくるようにしたいものです。
(受験シーズン前に満期を迎えるのがよい、ってことですね。)
 
18年ではなく15〜17年くらいで設計し、かつ満期時期は11〜12月頃にするのがベストです。
(とすると、加入にいちばんいい時期は、10〜11月頃ということです。)
 
わたしは、ちょうどよい範囲内・時期で設計してもらえるように、学資保険を契約するときは保険相談を活用しました。

教育費がいくらかかるかご存じですか? 保険のビュッフェ

関連リンク

学資保険の選び方。貯蓄型保険の返戻率を少しでも高くする方法

2016.05.15

返戻率を重視したい学資保険は、返戻率の高い終身保険で準備しています。
無料の保険相談でプランニングしていただきました。
 
児童手当で現金を貯めながら、備えもしっかりしておく。
家計と相談しながら、しっかりと教育費も貯めていけるといいですね!

スポンサー リンク

合わせて読みたい