共働き夫婦がお金を管理しやすい銀行口座はどこ?代理人カードとイオンカードセレクトを使って共有管理

共働き夫婦の家計管理って、むずかしい部分がありますよね。

たとえば支出用の口座が夫婦それぞれになっていたり、貯蓄用口座もバラバラになっていたり・・・

支出用口座は1つにまとめることで、お金が出て行く道が1本になるので、かなり家計管理がしやすくなります。

そこで、支出をまとめるおすすめの方法と、夫婦で管理するのに適した銀行口座を紹介します。

バラバラの支出をまとめる方法

手続きに手間はかかるかもしれませんが、すべての支出を1本化させることで、お金の流れがすっきりと整うようになります。

A銀行の口座からクレジットの引き落とし・・・
B銀行から家賃・・・
C銀行から保険料の支払い・・・
D銀行は妻名義の支出・・・

なんて、バラバラだと管理そのものが大変になってきますよね。

これを1本化させるのですから、手間だってかかってきます。
ですが、その手間を惜しんでいては、家計をすっきり管理することもむずかしいでしょう。

とはいえ、その手間はできるだけ省きたいもの。

今後のためにも、いちばんラクに支出をまとめる方法をご紹介するので、実践してみてくださいね!

クレジットカードで支出を管理する

家賃や住宅ローンはむずかしいとしても、いまは光熱費すらクレジットカードで支払えます。

できるだけ、銀行口座から直接引き落としにするよりも、クレジットカード1枚にまとめましょう!

クレジットカードにまとめておくメリットは、引き落としの銀行口座を変更するときも、カード会社1社だけに変更届を出せばいいので、事務手続きも1回に減らせますね。

それに、ポイントもたくさん溜まります。

クレジットカードのポイントはあなどれません!
わが家では、ポイントを使って外食をしたり、美容院に行ったりしていますよ。

家族カードを作ろう!

クレジットカードを作ったら、家族カードもいっしょに作っておきましょう。

それをパートナーに渡しておけば、支出を1つにまとめることができます。

カードの明細も1枚におさめることができるので、それだけで家計簿だって完成です。

家族カードは、パートナーの名義で作ることができるので、パートナー名義で契約したものも支払うことができますよ。

たとえば生命保険やスマホ代とかですね。

家族カードを利用することで、支出をすべてまとめることができるので、最大限活用してみてくださいね。

共働き夫婦に適したクレジットカード×銀行口座

クレジットカードで支払いをまとめる。
家族カードを作っておく。

これで支出は1本化できました。
しかし、これだけではまだ完全ではありません。

出て行くお金の出口、引き落とし口座をどこにするのかを決めないといけませんよね。

銀行口座に、引き落としのために入金するときもあるでしょう。
また、お金をおろすときだってありますよね。

きっと、ここがいちばん悩んでしまう部分だと思います。

ここは、クレジットカードをイオンカードセレクトにすることで問題が一気に解決するんです。

イオンカードセレクトってなに?

イオンカードセレクトは、イオンが展開するクレジットカードのサービスです。

イオンカードセレクト

イオン銀行のキャッシュカード(以下イオンバンクカード)、イオンカード、WAONカードが一体になったクレジットカードです。

イオンカードセレクト
(こちらはセレクトクラブのゴールドカードです。)

特典1:イオン銀行普通預金金利上乗せ
特典2:イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍
特典3:毎月20・30日の「お客様感謝デー」は買い物代金が5%オフ

わたしはイオンカードをフル活用していますが、特典が多いからだけではありません。

お金の管理が簡単になる理由があるから、活用しています。

お金の管理が簡単になる理由1:イオン銀行の「代理人カード」

イオンカードセレクトを使うには、イオン銀行の口座開設が必要になります。

カードの作成と口座開設は同時にできますので、手続きは簡単ですよ。

イオンカードセレクトのカードは、クレジットカードとイオンバンクカードが一体になっています。

でも、クレジットカードは持ち歩くもの。

わが家では、夫がイオンカードセレクトを使っているので、クレジットカードも持ち歩いていました。

いざイオン銀行に入金しにいこうと思ったら、イオンバンクカードがないわけです・・・
これは困りました。

コールセンターに電話をしてなにか良い方法はないか聞いてみたんです。

そこで教えてもらえたのが、代理人カードでした。

代理人カード

代理人カードは口座名義人が手続きをして発行できるキャッシュカードで、パートナー名義で発行できるんですよ。

だから、わたしの名前が記載されています。

これがどういうことになるかというと・・・

夫婦で1つの銀行口座を使えるんですね。

本来であれば、銀行口座を管理できるのは名義人のみ。
でも、イオン銀行なら指定した代理人も可能になります。

代理人カードを発行したので、わたしもお金の入出金ができるようになり、まったく困らなくなりました。

イオンカードセレクトと家族カード、そして代理人カードを使い、支出を完全に1つにまとめたので、夫婦共有で管理ができています。

3段活用

これ、意外と知られていない方法なのですが、共働き家庭の家計管理には120%役立つ方法ですよ。

代理人カードはほかの銀行でも取り入れられていますが、わたしがイオン銀行をメインにしている決め手は、理由2と理由3にあります。

お金の管理が簡単になる理由2:買い物ついでに銀行に行ける

イオン銀行であれば、買い物をするついでにATMが利用できますよね。
なので、そのときに入金などを済ませています。

普段の買い物中に銀行に立ち寄れるので、「銀行いかなきゃ!」と慌てることがなくなりました^^

お金の管理が簡単になる理由3:ATM手数料が無料で使える

普通の銀行であれば、窓口は15時には閉まってしまいます。

また、最近でこそ、ATMも19時まで使えるところも増えましたが、時間外の手数料が発生することも。

ですが、イオン銀行ATMは24時間いつでも手数料無料で入出金ができます。

貯金用に住信SBIネット銀行ソニー銀行も使っているんですが、イオン銀行ATMでも使えます。

住信SBIネット銀行でATM&振込み手数料を節約。家計管理に有効活用しよう。

2016.01.17

イオン銀行ATMだけで、わが家の家計管理はすべて事足りてしまっています^^

ミニストップにはイオン銀行のATMが置いてありますので、こちらも24時間使えますね。

イオン銀行の窓口は、店舗によって21時まで営業しているので、なにかトラブルがあったときも安心できます。

また、イオン銀行のキャッシュカードは、ゆうちょ銀行でも使えます。
入出金ともに、ATM手数料がかかりません。

ゆうちょ銀行

ローソンATMや、ファミリーマートなどに置いてあるイーネットなどのコンビニATMにも対応しています。

こちらの2つは手数料が掛かってしまうのですが、これも実質無料にできます。

実は、ステージ別で最大月5回までATM手数料分の金額をWAONポイントで還元してもらえるので、実質1〜5回までは手数料を無料にできるんです。

手数料還元

イオンカードセレクトの利用金額が多いほど、無料回数も増やせます。

わたしは月5回まで無料になる「ステージ3」なので、手数料がかかったことはありません^^

イオン銀行をメイン口座にしてから、支出の管理がものすごくわかりやすく、お金の管理も1箇所で済むようになりました。

家計管理がラクになり、とても助かっています。

イオンカードセレクトの申し込みは、店頭よりネットのほうが6,000円分のポイントがもらえる分、お得ですよ!

イオンカードセレクト×イオン銀行で、お得に生活費を管理♪
チェックしてみてくださいね!
↓↓↓

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。