わが家の貯金を底上げしたのは、貯蓄型の生命保険の返戻金でした。

 
先日、500万円の貯蓄を達成したゆみちん家ですが、このなかで、いちばん比率が大きかった貯金ってなんだと思います?
 
わが家の貯金比率で、いちばん大きかったもの。
それは、
 
貯蓄型の生命保険の解約返戻金です。
 
満期まで待っていたら、満期金ですね。
じつは、この生命保険の解約返戻金がいちばん大きかったんです。
 

スポンサードリンク
スポンサー リンク

終身保険を使った貯蓄術。

夫が18歳のときに加入した簡易保険(かんぽ)なんですが、民営化する前に郵便局で扱っていた保険です。
こちらの保険を義母が長く掛けてくれていました。
保険料は義母が払ってくれていたのですが、結婚してからはじぶんたちで払いはじめました。
 
わが家では、簡易保険の解約返戻金がいちばん貯まった貯金だったのですが、ここで言いたいのは、この簡易保険がいいよってことではなく。
 
簡単に使うことができない形の「貯金」がいちばん貯まる! 
 
まさに、貯金の王道。
やっぱりこれ!!
 
財形貯蓄でもいい。
月々積み立てる定期預金でもいい。
もちろん、こうした貯蓄タイプの保険を利用してもいい。
(保険を選ぶときは、最終的に元本割れしないものが前提。)
 
簡単に使えない貯金方法が、いちばん貯まる。
 
確実にしっかり貯めたい方。
とくにお金があると使っちゃうタイプの方は、簡単に使えない貯金方法を選んで実行してください。
 
独身であれば、貯蓄タイプの生命保険の威力は、大きく発揮できるかと思います。
掛け捨てはまったくメリットがないので、若い方ほど、貯蓄型の保険に加入するといいと思います。
 
保険はむずかしくてよくわからないという方は、早くから知識を得るためにも、無料の保険相談に行ってみるといいですよ。
知識がつけば、あとあと困らないで済みますし、どの保険がじぶんに合っているのかをすぐに知ることができます。
 
ゆみちんがおすすめする無料の保険相談

保険のビュッフェで保険相談。評判は?口コミは?どんな内容なの?気になる無料相談の流れを徹底解説しました

2017.04.10
 
スポンサードリンク
スポンサー リンク

あたりまえのことほど大切。

しっかり貯めるには、使えないようにするのがいちばん確実に貯まる。
 
これ、あたりまえすぎて、こうして記事に書くのってどうなんだろう?って思ったりもしたのですが。
 
でも、このあたりまえの貯金こそが、わが家にも大きな効果をもたらしたことは事実です。
目新しいことではなくてすみません(;´∀`)
 
ただ、あたりまえすぎることも忘れちゃいけない。
 
貯金の王道は、コツコツ貯めて、使わずにいること。
ただこれだけなんですよね。
 
このあたりまえのことですら、やっていないのに貯まらないと言っている人も意外と多いんです。
少額の定期預金であろうとなんだろうと、使えないようにしておくほうがお金は早く貯まります。
 
定期預金や生命保険を利用した貯蓄方法は、すぐに、だれにでもできることなので、あなたもぜひやってみてください。
 

スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。