家族がみんなが長く続けられる節約をやっていこう!

節約には、だれしもが陥ってしまう、トラップがあります。
節約するぞ!!!ってギラギラしちゃうとね、簡単に陥ってしまうんですよね。

それに、節約ってひとりで突っ走ってがんばっていても続きません。
あっという間に、節約トラップに陥ってしまいます。

では、だれしもが陥ってしまいがちな、節約のトラップとはなにかというと……

がまんをすること。

節約をキワめるには、家族に、多少のがまんはしてもらわなければ!
・・・って思っていませんか??
節約にがまんはつきものだって決めつけていませんか??

がまんって、正直、あまりしたくないことですよね。

スポンサー リンク

苦痛が伴う節約方法はやらないほうがマシ!

がまんって、苦痛なんです。
無理しているんですね。

せっかく節約しながらムダを省いていこう! 貯金していこう! って思っているのに、理想を追うあまり、家族が苦痛を感じてしまうようならば、

そんな節約は、やらないほうがマシです(`・ω・´)

断言します。

節約! 節約! と、目先の数字にばかりとらわれてはしまって、予算からすこしオーバーすれば、ここがいけない! あそこが悪い!! と家族を責めたり……。
 
これは、いけません。
いけませんよ~~~。
って、わたしの経験談なんですけどね(苦笑)

されど数百円も、節約においては、たった数百円。

たったの200円くらいで、大ゲンカしたこともあります。
いや、たった200円、されど200円って、普段は思っていますよ。
貯金においては、されど200円!あなどるなかれと思って貯めています。

ですが。
これが節約となると話が変わってしまうんですねぇ……。

200円でケンカになってしまったんじゃ、あまりいいことではないですよね。

200円くらいであれば、いくらでも帳尻合わせができます(笑)
光熱費は、季節によってずいぶん幅が出てきますから。

普段、とくに見てもいないのにだらだらとついているテレビを消すだけでも違ってきます。

節約の目的は、ムダをなくすこと。

家計の費目全体で考えて、がまんする必要のない節約をながく続けて、1年間で○○円も節約できたね!ってくらいが、家族にとってはちょうどいいのです。

節約は、ケチることではなく、ムダをなくすことが目的なんです。

今やもう常識!

電気をつけっぱなしにしない。
残り湯で洗濯をする。
ついついお菓子を買い込まない
(←はい、わたしです 笑)
テレビをつけたままパソコンをしない(←はい、ごめんなさい 笑)

身近にちょっとした工夫でできる節約はたくさんあります。
だけど、そこに「がまん」がくわわると、ちょっとしたことでもできなくなります。

ですので、節約は、できるだけ身の丈に合った、家族みんなががまんせずに取り組めるものから開始すればいいのです。

たとえば、食費の節約よりも、固定費を見直すほうがらくちんです。

いや、正直に書くと、手間も時間も少しばかりかかりますが、だれもがまんしなくていいので、オススメなんですよ。

無料の保険相談で「収入保障保険」に乗り換えたら、保険料が半額になりました

住宅ローンの借り換え効果。1,050万円でも33ヶ月分短縮できる削減効果に驚き!

また、日々の生活に取り入れていくような節約は、長く続けることが大切です。

たとえば、電気代の節約のために、使わない電気は消す!ということを決めたとしても、その日だけやっても意味がない。
これは、長く続けなければ効果はなかなか出てきません。

だけど、少しずつだけど、コツコツと積み重ねていくと、やがて良い結果として出てきます。

それを家族とシェアしましょう!

良い結果を報告すれば、家族のモチベーションもあがります。
これまでは「がまんの節約」だった部類の節約が、モチベーションがあがっていけば、無理のない節約の仲間入りすることだってあるんです。

だから、大きな結果を得るまえに、まずは、できる節約から取り組んで、少しずつ結果をだしていきましょう。

節約は、決してむずかしいことではない。

 
節約って聞いただけで、「あ~、わたしにはムリ!」って思ったかた。

節約なんていうものは、こころがけひとつでずいぶん変わってくるものですよ。
節約をしようかなと、少しでも思ったなら、そこから節約生活ができるもの。

意識するのと、しないのとでは、家計簿をつけてみたときにわかります。

日々の生活のなかで、

今すぐできる節約って何かな?
ちょっとこれってもったいないかもな。

っていう、ちょっとした心がけや気づきが積み重なって、結果をうむもの。
あとから、わ~すごく節約になったなぁ!っていう感じが大切です。

わたしは、ズボラ中のズボラです。
キングオブズボラ主婦(笑)

ですが、ちょっとした節約、がんばりすぎない節約生活で、日々をシンプルにするべく、たのしく実践しています。

スポンサーリンク

ピックアップ記事と広告