1ヶ月の予算を5週間でやりくりして貯める方法。

5週間やりくり

食費や生活費のやりくりをしながら、少しずつお金を貯める方法がある。
・・・なんて聞いたら、やってみたくなりますよね。
 
節約をしたいと思ったとき、まず取り掛かろうと思うのが、食費や日用品などの生活費ではないでしょうか?

しかし、この生活費の節約は、継続することが意外と難しいんですよ。
食費の節約にも限界があります。
 
では、視点を変えてみましょう。

食費など、やりくり項目の節約はやめてしまうのです。

切りつめてお金を生み出すのではなく、簡単な管理で貯金もできる方法を取り入れて、家計をやりくりしていくのです。

その方法をご紹介します。

1ヶ月を5週間で考える。

その方法とは、5週間やりくりです。
これは1ヶ月の予算を5週間でやりくりするというもので、別名スライド式貯金とも呼ばれています。

1ヶ月単位でやりくりすると、月末の数日間分だけ予算を作らなければいけないときもあり、案外めんどうなんですよね。

されに、月初に使いすぎてしまうと、月末は厳しくてやりくりできなくなることも(苦笑)

そこで、予算を5週間ごとに区切ったほうが、管理自体もラクになるんじゃないだろうか?と思って、はじめたのが5週間やりくりです。

5週間やりくりは、1ヶ月が何日だろうが関係なし!
1ヶ月の予算で5週間でやりくりすればOKなので、お給料日に予算を再設定する必要もありません。

5週間やりくりのイメージ図

5週間やりくりイメージ図

ざっくりと説明まで書いてみました。
イメージ図通りにやっていけば、年間6万円も貯金を残すことも可能なんですね!

5週間が1セットになっていて、1年の間に、10回と2週間ほど繰り返すことになります。
でも、お給料は1年間に12回・・・
 
入ってくるお金よりでていくお金のほうが少なくなるので、その差が貯金になるんです。

5週間やりくりを取り入れる費目と予算の設定方法

では、5週間やりくりでどの費目をやりくりするのかを決めていきます。

どの費目を5週間でやりくりするのがベストなのか

おすすめは、食費日用品費です。

これは、毎日使うものだから、一括で管理するとよい費目なんです。

たとえば、医療費や被服費。
こちらは毎日買うようなものではないうえに、あらかじめいくら必要になるのか予想が立てられません。

いわゆる「生活費」ではない項目に5週間やりくりは向いていません。

また、クレジットカード払いのものは毎月1回必ず引き落とされるので、管理が大変になってきます。

できるだけ現金で管理するものを5週間やりくりに取り入れたほうがいいでしょう。

まずは、毎日使う費目から取り入れてみて、だんだんと拡大していってみるのも良い方法ですね!

働いている方は、会社のランチ代に取り入れてみてもいいのではないでしょうか。
予算がたてやすく、月々に大幅に変動がない費目を取り入れるのがコツです。

サラリーマンの、ちょっとしたへそくりづくりになっていいかもしれません^^

5週間やりくりの予算を決めよう

費目が決まったら、次は金額の設定です。
これまでの生活費を元にして決めてもいいですし、新たに決めてもOKです。

たとえば、生活費が1ヶ月6万円かかっているなら、6万円を5週間で割ってやりくりしてみてくださいね!

上記の表のように、1ヶ月4万円の予算で5週間やりくりをすれば、年末には6万4千円残ることになります。
予算を6万円にすると、約9万円も貯金として残せる計算になります。

5週間やりくりのすすめ方。

予算を設定したら、5週間やりくりをすすめていきます。
これは、いたって簡単です♪

1. お給料日に予算金額をやりくり用の封筒に入れる。
2. 基準とする曜日に1週間分の予算を取り分ける。

これを毎週毎週、淡々とすすめていくだけです!

また、最初から封筒を5枚準備して週ごとに袋分けをすると、より一層管理がしやすくなります。
たくさん現金を準備する方法も紹介しています。

お給料が入ってきたらやるべきこと。お金が貯まる口座分け家計管理の方法を具体的に紹介します!

2017.05.26

デビットカードを利用すると、現金を持つ必要もなくなります。

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを作ろう。ATMの手数料無料回数を気にせず使える方法

2017.02.07

5週間やりくりにはメリットがいっぱい!?

この5週間やりくりをきっちり続けていると、年末には数万円単位で貯金ができる!という、すばらしい結果を残します。

でもね、貯金ばかりではなく、5週間やりくりで残ったお金は、家計のやりくりの保険にもなるんですよ!

実際にやってみると、予算通りにきっちりできる週ばかりではないと思います。
少し予算をオーバーしてしまうこともありますよね。

そんなときは、手元に残っている5週間やりくりのお金を使う。

ピンチのときに家計の助けになるんです。
これをするだけで、貯金に手をつけなくて済みますよね!

また、急な来客、あるいは学校の集金などにも対応できるので、手元資金としてもおおいに役立ちますよ!

1回分の予算を使い切ってしまう前に次のお給料日がくるので、多少予算からオーバーしてもやっていけることもあります。

やりくりが苦手な方の、家計のセーフティネットになってくれますよ!

お金が残るとモチベーションも保てる!

5週間やりくりでいちばん大切なのは、継続することです。
そして、つらくなるような節約はしないこと(笑)

小さな節約やツライ倹約をしなくても、5週間やりくりを取り入れるだけで貯金ができる!

4人家族なら、1週間1万円くらいを目安として予算をたててみてはいかがでしょうか。

お金を使っていても少しずつ残っていくので、モチベーションもあがってきて楽しく家計が管理できるようになりますよ!

予算がピンチ!そんなときは特別費を設定しておくと回避できます

家計が赤字!ピンチのときの回避法。「10万円の特別費」を準備して赤字拡大を防ぐ!

2014.01.20

家計簿は支出さえ記録しておけば99%完成します

支出の記録簿をつけて家計を把握する。支出簿活用で家計を劇的に改善させていこう

2015.12.08

やりくりの管理におすすめの銀行口座

目的別口座が最大5つ作れるので、5週間やりくり費用の管理にも最適。

住信SBIネット銀行でATM手数料と振込み手数料を節約!家計管理にメリット大のネット銀行を使い倒そう

2017.05.09
スポンサー リンク

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

小松ゆみ(ゆみちん)

1980年生まれ。結婚・妊娠を機に家計管理を研究しはじめた元・浪費家。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。