節約する

収納が増えればモノも増える。だから部屋は片付かないんです。

「あぁ~、もう少し収納があればなぁ・・・」
「収納がないから、うちは片付かないんだわ・・・」

わたしが片付けるようになる前は、いつもこういう風に思っていました。
収納があれば、部屋がすっきり片付いて、シンプルライフができるのにって。

でも、シンプルライフって、きれいな収納をした部屋で生活することじゃありませんよね。

部屋が片付かない本当の理由。

mono

「収納が増えれば、それだけモノが片付けられる。」

モノが片付づかない原因は、収納が少ないからなんでしょうか?
収納にきちんと片付けられていれば、果たしてすっきりとした暮らしは手の入るんでしょうか。

夫の転勤前、3DKのアパートに住んでいました。
アパートなので、収納らしい収納は、キッチン下のスペースと和室に押入れがひとつある程度。

結婚してすぐだったので、それでも十分な収納として働いてました。
洋服まではさすがにしまえなかったので、6段のタンスと、大型のクローゼットもセットで買って使ってました。

そして、転勤後。

3LDKのマンションにお引っ越し。
収納は、どこも大容量です。
キッチン下、上、和室押入れ、2部屋にクローゼットさらに、下駄箱もたっぷりサイズ。
傘立てだってあるし、さらに、ポーチには、デカい倉庫まで完備。

以前のアパートとは大違いの収納力!
モノを全部もっていっても、すっからかんになっちゃうんじゃないの?
なんて期待もチラリ。

でも実際はというと、最初こそ、そこそこ片付いていたのですが、人間、隙間があると埋めたくなってしまうのか、収納に合わせて、モノも増加しました。

子どもも生まれ、年数が経つうちに、「収納が増える=モノも増える。」というパターンができあがってしまったのです(涙)

収納する場所がある分、買ってもストックできるため、「整理する・捨てる・処分する」ということをしなかったんですね。

これが、収納が多い部屋であっても、片付かない理由となりました。

部屋をすっきり片付かけるには、モノを手放すこと。

mono002

収納が増える=モノが増える。
このパターンにハマっている人も、いらっしゃるかもしれません。

収納がないから片付かないって感じている方は、収納に合わせてモノも増えていませんか?
それが、家を手狭に感じさせている原因かもしれません。

気をつけたいのは、決して、収納が多いこと自体が原因なのではないんです。
収納が多いからと、その収納に合わせてモノを増やす必要はないということ!

もちろん、増やしたくて増やしている人はなかなかいないと思いますが(笑)
あなたのお家の、収納状況はどうですか?

シンプルに暮らす基本は、収納が少ない・多いにかかわらず、

使ってないものはバッサリ処分する。

たとえ、籐のカゴや、ナチュラルなカゴで収納をきれいに見せていても、モノがいっぱ~~~~い入ってる収納は、風通しも悪いしモノも出しにくいんですよね。
雑貨を飾っていても、逆にものが多すぎて、引き立てられていないかもしれません。

また、モノがあふれてくると、収納グッズや家具もたくさん増えてきます。

片付けていていちばん困ったのは、小型の収納グッズの処分です。

たとえば、衣装ケース。
小さな本棚。
タンス。

ひとりでは運び出せないですし、不燃ゴミとして出すこともできません。
じぶんで処分場に持ち込むか、買い取ってもらうか、引き取りに来てもらうか。

どちらにしても、大変でした。

また、大型家具があると引っ越し料金も跳ね上がりますので、結局お金をモノのために支払うことになります。
これは、もったいないです。

いまはもう転勤族ではないわたしですが、転勤族家庭は、転勤のたびに家の間取りが変わります。
すると、収納力も変わっていきます。
お部屋が大きくなったからと、モノを増やしていては、転勤のたびに、ものすごく大変な思いをすることになりますね。

お金を貯めたいなら、使っていないモノを手放しましょう!
それだけで、いらないモノをためこむ家具を買う必要がなくなりますから。
少しずつ、お金が残るようになってきますよ!

部屋が片付かないのは、収納が少ないのが原因ではありません。
収納に入らないくらいモノがあるから、片付かないんです。

部屋をすっきりさせたいなら、まずは、モノを手放してみましょう!

ABOUT ME
小松ゆみ(ゆみちん)
小松ゆみ(ゆみちん)
1980年生まれ。山口県出身、千葉在住の家計管理&片付けブロガー。「お金と部屋はリンクしている」ことに気づいてから、家計と部屋の整理術の研究をしています。 ファイナンシャルプランナー3級と整理収納アドバイザー1級を取得。